お盆休みの親孝行

 

この記事を書いている人 - WRITER -

15日まで、旦那さんの実家で夏休みを過ごしておりました。

前回、お邪魔したのは5月のゴールデンウィーク。あれから3カ月と少し経っただけですが、なにせ子供の成長は速く、ちょくちょく帰って孫の姿を見せないとあっという間に大きくなってしまうので、旦那さんのまとまった休みが取れると帰って見せるようにしています。

孫の成長を手放しで喜んでくれるおじいちゃんおばあちゃんに、私の息子も楽しそうににこにこキャッキャと遊んでもらっていました。

私の義父、義母にとっては、私の息子しか孫がいないので、尚のこと可愛がってもらっています。じいちゃんばあちゃんの愛情一人占め状態で、息子も愛情をたっぷりもらってすくすく成長しています。ありがたいことです。

嬉しさが全面に出ていたようで、息子も初日からがっつり夜更かしで遊び、次の日もたっぷり全力で遊び、最終日なんかは義姉夫婦がワンちゃんを連れて来てくれたため、それでテンションMAX。きゃーきゃー言いながら、ワンちゃんを追っかけて遊んでました。(息子は動物好き。こちらがはらはらするほど、動物好き)

なので、最終日、家に帰る時が可哀そうで、もう一日泊まって行く? と何度思ったことか。息子も寂しがるだろうけど、それ以上に義父、義母が寂しがるだろうなと……。旦那さんがそのことを心配して、本気でもう一日泊まろうかどうしようか悩んでいました。

しかし一日伸ばしても、結局は帰らなければならなくなるわけで。と言うことで、予定通り15日には私たちの家に帰ることに。

以前、息子がもっと小さい頃に、家に戻った後に息子が泣いて泣いてどうしようもなくなった時があったので、その時と同じことになるまいかと心配していたけど、今回は大丈夫そうでした。家に戻ってからもにこにこしていて、いつも通り遊び始めたので、こちらは一先ず安心。

義父、義母の方が寂しがっているだろうなぁ……。今度お邪魔するのは恐らく年越しの時。その時には息子も2歳になり、もっともっと成長して、言葉の数も増えているに違いない。その時にもまた手放しで可愛がってもらえるでしょう。義父、義母とは面白いお話も沢山できるので、私も毎度行くのを楽しみにしています。

また早く親孝行したいものです。
親孝行、したい時に……と、考えたくはないけど、そうならない内に、どんどん親孝行しなくては。
私の実家にも帰ってやらんとなぁ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 




 
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© LIKE A WIND , 2015 All Rights Reserved.