ヨシヒコとミュージカル

 

この記事を書いている人 - WRITER -

勇者ヨシヒコと導かれし七人の第7話を見ました。

初めの盗賊とのやり取りは、もう出オチでしたね。アロハ。
タイトなスケジュールで挑んでくる盗賊ってのも、いませんよね。
次の予定が詰まってるから、巻きで金品奪ってかないとって、かなり特殊な状況。

仏の不倫報道もまた、ネタ的にぎりぎりな感じで。
仏の辞職って、仏は職業の一つだったんですね。ダーマ神殿で選択できるのかしら。
額から無敵のビームが発することができるようになるので、ちょっとなってみたいですね。

で、不倫ネタでムラサキがダンジョーに、「これで離婚だったら、最低だな! おっさん!」って話を振った後のダンジョーの微妙な反応がまた何とも……。宅麻さん……。

ミュジコの村ではまたミュージカルパロディが続々と飛び出してきたようですね。
とは言っても、私は全くそちらの知識に疎く、恐らく本当の意味での楽しみ方ができなかったように思います。
レ・ミゼラブル、ベルサイユ、ライオンキング、美女と野獣……これらが元となっているのでしょうが、どれもが中途半端にしか知らないので、本気で楽しめなかったのが残念でした。
もうちょっと色々と知らないとなぁ。色々と損しますね。

ただ、元のミュージカルを知らずとも、楽しめる場面は大いにありました。

ヨシヒコの歌声が妙に上手かったり、ベルサイユをやりきった紫の表情が輝いていたり、ダンジョーの「おいでー、わたしは、たくましぃんだー」に笑ったり。よくその台詞を真顔で言えるなぁと、ダンジョー。

今回のメレブの新しい呪文「サバーハ」は今のところ使い道が見当たりません。しかし色々と新しい呪文を思いつくな。呪文の数だけで言ったら、とんでもない数の呪文を使いこなせるようになっているんですよね、メレブは。

そして、なんやかんやでオーブを手に入れた。と。
すごい端折り方。なんやかんやって。言ってしまえば、何だってなんやかんやで済ませられてしまうけどね。

今回の玉人は、大地真央さん……。
この前、NHKの朝ドラにも出ていませんでしたっけ?
この方は近年、何でも出演されるイメージ。ダウンタウンの年末の番組にも出てましたもんね、あの笑っちゃいけないのヤツ。

最後、完全にミュージカル。全員で歌と踊りで大盛り上がり。
いつの間にか魔物を改心させて仲間にしているし、ヨシヒコ。

今回のヨシヒコは、笑うというよりは、見入ってしまう感じのドラマでした。
何回も繰り返し見てみたいという中毒性すらある……これが、ミュージカルと言うものなのかも。
ミュージカルの深さを感じた回でした。

それにしても、
ヒサの変身で現れた二人には驚きました。
なんつー人にチョイ役で出てもらってんだ。
二人を見た瞬間に、私の頭の中にはシティーハンターが蘇りました。

小さいところまで見逃せないんだよな、ヨシヒコは。

Comment

  1. ピピン より:

    ビビさん

    ヨシヒコが上手いのは知ってましたが、ムラサキやダンジョーまで上手いのは意外でした(笑)
    シーン少なかったけどメレブも頑張ってたり。

    相手役も豪華でしたね。
    とは言っても大地真央とカラオケ女王の新妻聖子しか知りませんが( ̄▽ ̄;)

    魔物連れてきた時は唐突過ぎててっきりミュジコ側が呼び寄せたのかと…(笑)

    • bibi より:

      ピピン 様

      ヨシヒコはCMでも美声を披露していますもんね。ムラサキの宝塚っぷりは特に違和感なかったです。ダンジョーは渋いおじさまの声でしたね。メレブも何気に上手いじゃんって。
      今回は本当に豪華でしたね。ヨシヒコという深夜枠で揃える役者さんじゃあないだろって思ったり。
      魔物が仲間になっていたのは本当に唐突でしたね。都合よくDQ5の設定を……なんて思ったけど、そもそもDQ5の格好をしてるから、それもアリか。と言うか、何でもアリなのがヨシヒコワールドでしたね(笑

  2. ケアル より:

    ビビ様!
    ミュージカルに疎い自分は、今回は今一な感じで…(汗)
    以前にも歌を歌うシリーズがありましたよね。
    それにしても、最後の終わり方は、シャクが無くなったからみたいな感じをせいいっぱい出してまして、さすがはヨシヒコだなって思いました。
    ビビ様?ダンジョウ(たくまさん)←漢字をど忘れ…は、実際に離婚経験があったということなのでしょうか?
    ヒサの最後の二人は、有名な人なんでしょうか?
    ちょっと分からなかったでして(泣)

    • bibi より:

      ケアル 様

      私も決してミュージカルに詳しいわけではないのですが、今回は何だか中毒性のある内容だった気がします。知らないだけに、何度も見て、そのうちハマっちゃうみたいな。歌が耳に残るので、しばらくその余韻に浸ってしまうのが今回の怖さ(笑
      「なんやかんや」はヨシヒコワールドでしか通用しないドラマ展開でしょう。他のドラマでそれをやったら、ふざけんなって一蹴されると思います。
      あ、宅麻さんは……そうですね、実際に離婚経験がおありです。だからあのネタふりは……と思ってしまいました(汗 あ、でもそれをあえてネタにしてしまうのが、ヨシヒコワールドの優しさ? 考え過ぎかな。
      ヒサの最後の二人を分かるのは、ある程度の年代じゃないと分からないのかも。ケアルさんはまだお若い、ということですね。羨ましい~。TMネットワークというバンドの方たちです。このバンドで一番有名になったのが小室哲哉さんです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 




 
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© LIKE A WIND , 2016 All Rights Reserved.