息子との夏休み

 

この記事を書いている人 - WRITER -

毎日、暑い日が続いて外に出るのが怖いくらいですが、何となく毎日外に出るようにはしています。
とんでもない暑さの時は身に危険を感じるので、せいぜい買い物くらいの外出ですが、それでも一日家に閉じこもっていると、息子と二人で家で悶々としてくるので、外に出ることで悶々とした気分を解放しています。

息子が夏休みに入り、もう三週間が経ちました。あっという間。でもあと四週間残っている。まだまだあるね。

途中、幼稚園で夏季保育を行ってくれるので、その日は出来る限り登園して、息子も私もなんとなーく互いにリフレッシュしている感じです。

夏休みなので、何か特別なことを……と思いつつも、特に何もしておらず、息子には申し訳ない気持ちです。

ただ、昨日は一日、鉄道好きの息子と、地下鉄乗り放題をやってきました。以前から予定していたので、息子も楽しみにしていたらしく、「本当に楽しみだったんだよー」と飛び跳ねながら駅に向かっていました。楽しみにしてくれててよかったよかった。

ひたすら地下鉄を乗り継いで楽しむという、本当に鉄道好きしかやらないような企画。乗り換えは息子任せ。かなり路線図を熟知していて、普段の外出の時でも、目的地を言ってそこまでの行き方を尋ねると、数パターンの行き方を教えてくれるという……。便利なナビです(笑)

電車がかなり混んでいたりして、じっくり楽しめない時もあっただろうけど、それでも息子は生き生きとして一日中地下鉄を楽しんでいました。

……ま、これって夏休みじゃなくてもできるんですけどね。夏休みと言う気持ちがあったからできた、ということにしておきます。

それにしても、幼稚園の年中さんになり、今はかなり聞き分けが良く、どこに出かけるにしてもあまり困ったことにならないので、これならすいすいお出かけできるぜ~と、これからもいろいろと連れ回したいと思っています。暑さとの相談にもなるけどね……。

成長するに従い、手間がかからなくなってくるのは事実です。トイレの心配も今までに比べたら徐々に軽くなってきたし、体力もついてきたので自分でしっかり歩いてくれるし、鉄道に乗れば乗り換えの駅で私を起こしてくれるし、むしろ私が頼り始めている部分もあったり(方向音痴ゆえ、息子に「こっちだよ」と表示を見ながら案内してもらうことも……)。

成長は嬉しいけど、どんどん手が離れていくのは寂しいですね。
今からそんなだと、小学校、中学校となったらどうなることやら。

でもいずれは子離れできる親にならないとね。
嫁さんが来なくなるような可能性はなるべく無くしておくのも、親の仕事だ(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 




 
この記事を書いている人 - WRITER -

amazon

Copyright© LIKE A WIND , 2018 All Rights Reserved.