本年もよろしくお願いいたします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

年末年始は例年通り、家族で主人の実家に帰っておりました。間で、私の実家にも年始の挨拶に行ったりして、いつも通りの年末年始を過ごすことができました。

……と、言いたいところなのですが、途中、息子が体調を崩し、元旦早々救急病院のお世話になるということに。
今はもうかなり元気になっているのですが、親としては非常に焦ってしまいました。
私の実家に行った時の出来事で、周りには私の親兄弟や義理姉、姪二人に心強い協力を得て、素早く対応できたことに本当に感謝しています。病院を調べてくれて、車も出してくれて、病院での対応も助言してもらったりと、おんぶにだっこの状態でした……ああ、情けない。
しかも、息子の具合の悪さに、知らず気持ちが動転していたのか、私が実家の階段で足を滑らせ、右足を負傷するというおまけつき。大したことはないのですが、ああいうところではとにかく落ち着かないといけませんね。色々と反省しています。

息子の体調不良は、恐らく前日、前々日と主人の実家ではしゃぎすぎて、大晦日も昼寝もせずに除夜の鐘を一緒に聞いて元旦を迎えたりして、完全に寝不足の状態が続いたために起きたものだと思います。私としては早く寝てほしかったんだけど、息子の気持ちが高ぶっていてそういうわけにもいかなかった……。明らかに食欲が落ち、いつもだったら食べたがるものも「いらない」の一点張りで、ほとんど何も食べようとせず、そのまま私の実家に行き、そちらでもほとんど食べようとしないので、大丈夫かなと思っていたら、大丈夫じゃなかったという。いろいろと我慢していたんだろうなぁ。

今は食欲も大分戻り、ゆっくり休んでいるので、もう大丈夫かと思います。特に感染症の気配もなく、本人だけの症状のようなので、それも一安心。これでお世話してくれた人たちみんなに影響が出ていたら、私は一体どこから反省したらいいのか分からないです。

とにかく睡眠を取り、そうすれば食欲も徐々に戻り、という経過で今はかなり元気に戻っています。ああ、良かった。

お世話になった方々に改めて御礼申し上げます。

ということで、昨日の夜に我が家に戻ってきました。息子はまだすうすうと寝息を立てています。いつまで寝ているのか分からないけど、好きなだけ寝かせることにします。所詮、冬休みとか長期の休みで毎日早寝早起きなんて無理に決まってるんだから。

息子の幼稚園登園は8日から。それまでは親子でゆっくりと過ごしたいと思います。初詣にも行きたいなぁ。

さて、今年も始まりましたが、今年中にどれだけ話が進むか分かりませんが、またこの1年、楽しんで書いていけたらと思っています。
皆様にも今年が良い年でありますよう、お祈り申し上げます。

生きているんだから、楽しんで参りましょう!

Comment

  1. ケアル より:

    bibi様。

    謹賀新年お喜び申し上げます。
    本年も、素晴らしい執筆活動になる様、心より願っております。
    bibi様にとって、益々のご活躍と、お子様の成長を心より、お祈り致します。

    新年早々、大変な出来事になりましたね。
    でも、本当に、息子様が大事にならなくて安心しました。

    インフルエンザも流行しております。
    親子共々、御健康に、お気を付けくださいませ。
    こちらは、雪国で、毎日寒い日々が続いております。
    もし、真冬に、あの震災が起き、ブラックアウトになってしまったらと思うと、恐怖どころか死活問題…いや、生命の危機であります。
    ストーブ、暖房…電気のありがたみが、染みる冬でございます。

    長くなりました…失礼しました。
    bibi様も暖かくしてお過ごしくださいね。

    • bibi より:

      ケアル 様

      新年早々コメントをどうもありがとうございます。
      息子はおかげさまでほとんど回復して、今も元気に後ろで遊んでいます。
      恐らく寝不足と、慣れないストレスで体調を崩したものかと。感染性のものではなかったのが救いです。
      病院に行った際も、インフルエンザが流行っているので、診察が終わったらお子様はすぐに院外に連れて行ってください、と言われました。

      ケアル様は雪国にお住まいで、私などには想像もつかないご苦労をされているかと思います。かなり前ですが、北国に旅行をしたとき、私がダウンコートを着て震えているのに、現地の方は長袖Tシャツ一枚で、「今年はあったかいよ」と仰っておられたのを覚えています。寒さに強いんでしょうね。それでもこの真冬の寒さは体に堪えますよね……。ケアル様もどうぞお身体大切に、体調崩されぬようお過ごしください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 




 
この記事を書いている人 - WRITER -

amazon

Copyright© LIKE A WIND , 2019 All Rights Reserved.