本編を更新しました 「両親への挨拶」

 

この記事を書いている人 - WRITER -

この前、息子を連れて公園に行ったら、ホーホケキョと鳴く声が聞こえ、心がほっこりしました。
春ですねぇ。

さて、本編を更新しました。

両親への挨拶

ゲームでは山奥の村へ花嫁に被せるヴェールを取りに行くのがメインの話ですが、どう考えてもダンカンさんへの挨拶がメインでしょ、と思いながら書いています。魔物との会話もあるので、そちらもお楽しみください。

さて、ぼちぼち寝ようかな。
いやー、不規則な生活してるなぁ。
良くないとは思いつつも、この時間が一番作業が捗るので、ついついパソコンをいじってしまいます。
ま、その前に息子と一緒に少し寝ているので、結構平気なんですけどね。

Comment

  1. ケアル より:

    ビビ様!
    そちらはもう暖かいんですね。
    こちらも少しずつ暖かくなって来ましたが、この時期最後の、悪足掻きのように雪が古んですよ。
    まあ、春一番ってやつでしょうか。
    先日は+13度まで上がり、
    「あったかいなぁ」なんて言ってたんですが、また+3度ぐらいまで下がり、雨や雪が古イヤな天気ですよ(涙)
    まあ、それでも氷点下まで下がらないので、暖かいんですけどね!
    早速小説の方、読ませて頂きますね(笑み)

    • bibi より:

      ケアル 様

      この時期最後の雪が今降るんですね。寒いんでしょうねぇ……。
      雪は見た目はきれいですが、実際に降られるとたまりませんよね。
      冬は氷点下まで下がるのが日常ですか? うーむ、ぬるい生活をしている私には耐えられない気がします^^;
      小説、ゆっくりお読みください。次回作はまだまだ先になりますので……。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 




 
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© LIKE A WIND , 2016 All Rights Reserved.