DQ5 スマホ版が……

 

この記事を書いている人 - WRITER -

さきほど何気にスクウェアエニックスさんの公式ホームページを覗いていたら、出ていたんですね、スマホ版のDQ5が。
PVを見ただけで目頭が熱くなるのは、この世界に私を含め多くいるんじゃないかと思います。
しかし何度リメイクされたことか。
初めはスーパーファミコンで発売され、その後PS2で、DSで、そして今回はスマホでプレイできるなんて、それだけ支持されるゲームなのかなぁと思います。
時間があれば私もスマホでプレイしてみたいとは思いますが、いかんせんそんな時間はなく……というか、息子の前でスマホをいじっているだけで、息子が近くに来て「うーっ!」と全身で怒り始めるので、今はもう思うようにゲームなどできない身となってしまいました^^;
自分がないがしろにされていると思うんだろうなぁ。
「何故こんなに可愛いボクがいるのに、そんな薄っぺらい何かを真剣にいじるなんて、理解できません」と言わんばかりの不機嫌ぶりを発揮してくれます。
なので、公式サイトさんでPVを見て満足することにします。
スーファミでも、PS2でも、DSでもプレイしているから、ゲームをプレイするのはもう十分かな。
それでもちょっともやもやするスマホ版プレイ欲は、創作意欲に転換して行きたいと思います。

DQ5の何が好きかって、ストーリーですから。
そしてそのストーリーはもう、頭の中に丸々残っているので、もう復習はあまり必要ないかな~。

それと、来年にはDQのシアトリズムというDQシリーズの音楽を取り扱ったソフトも発売されるとか。
DQは音楽も熱いので、こちらも気になるけど、やっぱり購入には至らないと思います。
その頃には子育てが佳境に入りそうです^^; とてもゲームをしている場合ではないと。

最近、歩き始めた息子は、どうやら歩くことが楽しいようで、一人で立って歩いては、自分でパチパチと拍手をして笑っています。
こんな可愛い息子を放ってゲームなんかできるかっ。
というのが本音かも。
それと、行動範囲が広がったことで、それも楽しいらしく、色々なものに手を伸ばすので、いわゆる「目が離せない」時期に突入したのかと思われ。ちょっと目を離した隙に、思わぬものを手に握っていたりするので、常に冷や冷やしています。部屋で静かに遊んでいる時が一番危ない。何か楽しいことに集中している瞬間なので、その時はすっ飛んで行って様子を確認したりしています。勝手に引き出しを開けて、あれでもないこれでもないと、ものを散らかしているだけならいいけど、その中にうっかり危ないものが混ざっていたりすると、よりによってそういうものに興味を示すようで……大変怖いです。

そう言えば、もうクリスマス・イブになりましたね。
れっきとした日本人ですが、せっかくなので、楽しみたいと思います。下ごしらえはした……はず。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 




 
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© LIKE A WIND , 2014 All Rights Reserved.