自称天空人

 

この記事を書いている人 - WRITER -

水の中では体に抵抗を感じ、大きなトロッコの木箱も水の抵抗で速度が弱まってもおかしくなかった。しかし何故かトロッコの勢いは止まらず、水中でも信じられないほどの速度で進み続けた。水圧に思わず口から息が漏れるが、あぶくを一つ二つ漏らすだけで、どうにか堪えた。目を開けて水中の状態を確認することもできず、リュカはひたすらティミーとポピーの頭を抱えたまま、トロッコの行く先をただ案じるしかなかった。
水しぶきと共に、トロッコが再び空気中に飛び出した。トロッコの車輪は水中でもレールの上を離れることなく走り続けた。水から出ても尚、トロッコはレールの上を走り続け、上り坂に差しかかったところで一気に速度を緩めた。
上り坂を上りきらないところで、トロッコの進行方向が変わりそうになった。このままでは再び水の中に戻されると、トロッコを後ろからサーラが支え、それを見たベホズンがトロッコから飛び降りると、サーラの横に並んでトロッコを押し上げた。
無事にトロッコは終着点にたどり着いた。止まったトロッコの中に既に水はなかった。乱雑に組まれた木の板の隙間から、水は一気に外へ流れ出てしまっていた。しかしリュカたちは見事に全身ずぶ濡れだ。トロッコの中でじっと身を潜めていたプックルが身体を震わせ体の水を切る横で、リュカたちもマントや服の裾を絞る。
「とりあえずみんな無事で良かった」
「もう少し水の中が続いたら、ボク、危なかった気がする……」
ティミーはそう言いながら空気を求めて必死に呼吸を繰り返す横で、ポピーは感想を述べることもままならない状態で咳き込みながらも呼吸を整えている。
「もしかしたらあの爆発で岩盤に割れ目ができ、そこから湖の水が浸水しているのかも知れません」
リュカたちは今も洞窟内に落ちる滝の音を耳にすることができる。滝に突っ込む形でトロッコを走らせてきたが、サーラの言う通り、マグマの杖でこの洞窟の封印を解いたあの爆発で岩盤が大きく傷つき、湖の水が入り込んでいると考えるのがもっともな気がした。湖の水の侵入が進めば、この洞窟自体も水で満ちると考えると、洞窟探索を急がなくてはならないとリュカはまだずぶ濡れのままトロッコから飛び降りた。
リュカはターバンを取ってきつく絞りながら、新たに広がる洞窟内を見渡した。相変わらず洞窟の岩盤は仄かに明かりを放ち、全体をぼんやりと照らしている。しかし今までの洞窟内とはどこか雰囲気が違うと思うのは、洞窟内が淡く白い光に照らされているのではなく、透き通る青白い光に照らされていることだった。
「ここだけ岩の質が違うのかな」
リュカはしゃがみこんで、足元に広がる岩肌を触ってみた。水に濡れている岩肌からは薄ぼんやりと青白い光が放たれている。触るとすべすべしていて、油断すると岩の上で足を滑らせてしまいそうだった。
「何だかここって、神聖な感じがするの……」
リュカと同じように辺りを見回すポピーが、まるで祈るように両手を合わせながらそう呟いた。その言葉にリュカは自分も感じていた妙な雰囲気がどのようなものなのかを理解することができた。海辺の修道院や城の教会などに通じる神聖な雰囲気が、今リュカたちがいる空間には漂っていた。自然に侵食された青白い岩肌は幾層にも積み重なったような景色を作り、洞窟内のあちこちに自然の階段を作り上げているようだった。
洞窟内を見渡していると、洞窟の中ほどで突然、何かが淡く輝き出した。リュカたちは注意深くその光を見つめていたが、淡い光が止むと、その中に一人の人間の姿が浮かび上がっているのを見た。透けるような青い法衣に身を包むその人間は、一人の神父のようだった。
「お父さん、行ってみようよ。きっとボクたちを待ってるんだよ」
ティミーに手を引かれるまでもなく、リュカは子供たちと手を繋いで神父に向かって歩き始めた。神父はただ落ち着いた笑みを浮かべながら、リュカたちを見つめている。リュカたちと一緒に向かってくる魔物の仲間たちを目にしても、その笑みが崩れることはない。
しかしリュカたちが神父のところに向かう道を遮るように、魔物の群れが現れた。大きな兜がそのまま地面の上をずりずりと移動するサターンヘルムと呼ばれる魔物が三体、それに全身が固いうろこに覆われた恐竜の魔物が三体。試しにリュカは魔物に話しかけてみたが、どちらも会話としての返事はなく、恐竜の魔物であるサウルスロードにおいては既にリュカたちに突進するべく、後ろ足で地面をかいている。
「お父さん、あの神父様が危ないよ!」
「守ってあげなくちゃ!」
ティミーとポピーは二人とも神父の身の安全を考えたが、リュカはその心配はないだろうと思っていた。リュカたちの前に現れた魔物らはこの洞窟内にずっと前から潜んでいたはずだ。神父を襲おうと思えば、リュカたちがこの場に来るよりも前に襲うことができただろう。しかし今、リュカたちの前にいる魔物らは神父の存在に気づいてすらいないようだった。
リュカはまだ遠くに見える神父に目を向けた。神父は魔物と対峙するリュカたちを見ても、それが現実の世界に起きていることだとは気づいてもいないような雰囲気を見せている。神父は既にこの世を去った者なのだろうと、遠めに見てもリュカはそう感じていた。
洞窟の地面の上で動かないサターンヘルムから、脳の中が痛めつけられるような音が発せられる。耳を塞いでも聞こえるその音は、気持ちを強く持てば跳ね返せるものだと、リュカは皆にそう呼びかける。不快極まりないその音の中には呪いの言葉が刻まれている。それにつけ入れられた隙に呪文が唱えられなくなってしまうのだと、サーラは呪いに対抗するように呪文を唱え、洞窟内を明るく照らす火炎の球を敵に投げつけた。サターンヘルム一体が炎に包まれ、兜の中に入り込んだ炎の熱で地面の上をのたうち回っている。
恐竜の魔物サウルスロードがベホズンに向かって突進してきた。スラりんとスラぼうがスクルトを唱える。しかし二匹のスクルトは何故か不発に終わった。呪文の守護が得られなかったベホズンは敵の体当たりをまともに食らい、洞窟の中を吹っ飛んでいく。
地面の上でふらふらしているスラりんとスラぼうに向かって、他のサウルスロードが突進していく。プックルが風のように駆け、スラりんとスラぼうを横から突き飛ばすと、その直後にサウルスロードが足音を立ててその場を駆け抜けていった。
「スラりん、スラぼう、どうしたんだ!?」
リュカが声をかけても、スラりんとスラぼうはまだ地面の上でふらふらと身体を揺らしているだけで、戦闘に参加できる状態ではないように見えた。スクルトの呪文が不発に終わったのは、偶然ではなさそうだ。
「スラりんもスラぼうも、きっと魔力がなくなっちゃったんだわ!」
「えっ? でもそんなに呪文を唱えてないんじゃないの?」
「でも、そうとしか考えられないわよ」
ポピーはそう言うと、目を回すようにふらついているスラりんとスラぼうを助けに行こうと、洞窟内を駆けだした。しかし動いた標的を狙うように、サウルスロードがポピーに向かって突進していく。
サーラがメラミの呪文を唱えて火炎を投げつけるのと同時に、ポピーは手にしていたマグマの杖を振り上げて、マグマの溜まる杖の頭を敵に向ける。メラミの呪文を固いうろこに受けたサウルスロードは、続けざまに杖の頭から噴出したマグマを全身に浴びた。激しい高温にさらされたうろこは剥がれ、サウルスロードは恐竜らしい悲鳴を上げる。
ポピーを追って駆けていたリュカが、うろこの剥がれたサウルスロードに剣を振るう。突き刺す剣に倒れた恐竜の魔物は、その場から動かなくなった。
「スラりん、スラぼう、大丈夫? こっちで離れていてね」
「ピー……」
「ボクたち、さっきの兜の魔物に『呪い』を受けてたみたい……」
魔力が尽きてしまったスラりんとスラぼうは、ポピーの足元で二匹揃って体を震わせていた。今も対峙している兜の魔物サターンヘルムとは、この洞窟内で既に戦ったことがある。その際、スラりんとスラぼうは呪いを受けていたのだ。サーラは戦いが終わると同時に呪いから解き放たれたようだったが、スラりんとスラぼうはずっと呪いを身体に受けたままここまで進んできたのだった。
「呪いを受けたままでいると、魔力がどんどんすり減って行くようですね。王女もお気をつけください」
「は、はい。分かりました、サーラさん」
ポピーとサーラが言葉を交わしていると、さきほどサウルスロードに吹っ飛ばされてしまったベホズンが弾むように戻ってきた。右側の緑色の体が大きくへこんでいるのは、サウルスロードの体当たりを食らった場所だ。ベホズンは自分の形が変わっていることに気づいていなかったようだが、ティミーがベホイミの呪文でベホズンの傷を癒すと、ようやく自分の体がおかしな形になっていたことに気づいたようだった。
「ベホズン、痛くなかったの?」
ティミーがそう聞いても、ベホズンはよく分からないというように大きな体を傾げている。痛みに鈍く、たとえ致命傷を負ってもベホズンは恐らく気づかないままだ。痛みを感じ、苦しんでいれば、自らその傷を癒したはずだと、ティミーはベホズンのことを気をつけて見ていなければならない仲間なのだと、今になって気が付いた。
狙いをつけやすいのか、サウルスロードは再びベホズンに向かって突進してきた。近くにはティミーもいる。ティミーは天空の剣を構え、サウルスロードの攻撃を受け止めてやるのだと歯を食いしばる。
「ティミー! 守護呪文を!」
「あっ、そうか。ボクたち、スクルトを受けてないんだった!」
慌てて言うリュカの言葉に、ティミーも慌てて応える。スラりんとスラぼうの魔力が切れた今、スクルトの呪文を使えるのはティミーだけだった。
ティミーは天空の剣を両手に持ち、正面から突進してくるサウルスロードを見据えたまま、集中してスクルトの呪文を唱える。味方全員に行き渡るスクルトの呪文の効果を受けながら、プックルとリュカがティミーに向かうサウルスロードに横から飛びかかる。ティミーが咄嗟に前に突き出した天空の盾に、サウルスロードが突っ込んでくる。その勢いにティミーの身体は後ろへ吹っ飛ばされそうになったが、ベホズンがその小さな身体を優しく包み込んだ。
プックルがサウルスロードの顔に激しく噛みつき、リュカは直接敵の体に両手を当てて、真空呪文バギマを唱えた。真空の刃が敵の硬いうろこをべりべりと剥がす。むき出しになったサウルスロードの体に、立て続けにリュカは剣を振るう。激しい悲鳴と共にサウルスロードが暴れ、リュカとプックルは振り落とされて地面に叩きつけられたが、恐竜の姿をした敵も地面の上に倒れ、苦しそうに息をするだけになってしまった。
サーラが宙に舞いながら、火炎呪文を繰り出す。地面からひたすら呪いの言葉を吐き続けるサターンヘルムは、サーラのメラミを食らいながらもしぶとく呪いの言葉を空気中に放出し続けていた。サーラが呪文を唱える一瞬の隙に、サターンヘルムの呪いの言葉がサーラの脳に入り込み、身体を蝕み、メラミの呪文が不発に終わる。呪文を封じ込まれたサーラは、呪文攻撃から直接攻撃に切り替え、宙からサターンヘルムに突っ込んでいく。
ティミーがスクルトを唱える。サーラは頑強な鎧に身を包まれた感じを受け、更に突っ込む速度を上げる。宙で素早く回転したかと思うと、サーラの足の蹄がサターンヘルムを脳天から叩き割った。サターンヘルムから放出されていた呪いの言葉が弱まり、プックルが更に追い打ちをかけるように完全に悪魔の兜を二つに割ってしまうと、呪いの言葉はようやく止んだ。
地面に着地していたサーラは、後ろから猛烈に突撃してくる敵の足音に気づくのが遅れた。仲間たちが次々と倒されていく状況を見た残る一体のサウルスロードが、サーラの背後に迫る。サーラは宙に飛んで避けようとしたが、間に合わなかった。スクルトの守護を受けていたはずだが、敵の体当たりは呪文の守護を打ち破る勢いがあった。体中の硬いうろこをトゲのように逆立てたサウルスロードは、身体を丸めた状態でサーラに飛びかかる。
「サーラさん!」
サーラの大きな体が洞窟の暗がりに吹っ飛んでいく。サウルスロードの全身のうろこのトゲを身に受けながら、サーラは地面の上に倒され、そのまま気を失ってしまった。
倒れるサーラに追い打ちをかけようとするサウルスロードに、ティミーが剣を振るった。天空の剣に固いうろこがいくらか剥がされる。自慢の鎧とも言えるうろこを剥がされた恐竜の魔物は、怒りの吠え声を上げ、今度はティミーに向かって体当たりを食らわせようとした。
洞窟内に響く爆発音とともに、ポピーが手にするマグマの杖から大量のマグマが吹き上げた。杖頭から飛び出したマグマは、持ち手の意思を感じ取るように、一直線にサウルスロードに向かって行く。ティミーは咄嗟に天空の盾を前に突き出し、マグマから自分とサーラの身を守った。そして真っ赤なマグマはサウルスロードの身体を包み込み、まとわりつく真っ赤なマグマに耐えきれないサウルスロードは激しい悲鳴を上げながら、どこかへ逃げ去ってしまった。
ただ一体残されたサターンヘルムは、リュカたちを前にじっとその場から動かなかった。呪いの言葉を吐くこともなく、真っ暗な兜の奥からリュカたちの様子を窺っているようだ。リュカも様子を窺いながら、距離を取った状態のままゆっくりと歩く。徐々にその距離が開く。サターンヘルムがじりじりと退いて行くのが分かり、リュカは逃げようとしている敵をただ見守ることにした。
リュカたちは改めて洞窟内の中央付近に立つ神父の姿を見た。神父はリュカたちが魔物の群れと戦っていたことなど気にしていた様子もなく、今もリュカたちをその場から離れず見守り続けている。幻とは言い切れない神父に向かって、リュカたちは歩き出した。
近づいてきたリュカたちに、神父はどこか寂し気な微笑みを湛えている。神父の目を見ると、リュカたちを見ているのではなく、どこか遠くへ視線が投げられたままだった。神父にはリュカたちが見ている洞窟の景色とは違う景色が見えているのかも知れない。
「呪われた者の呪いを解いて差し上げましょう。さあ、こちらへ」
神父は決してスラりんとスラぼうを見ながらそう言ったのではない。神父の視線はリュカを通り越した洞窟の地面に向けられている。神父の力なのか、呪われてしまった者にまとわりつく邪悪な空気を感じ取ることができるのだろう。
「スラりん、スラぼう、神父様の傍へ行ってごらん」
リュカがしゃがみこみながらそっとスラりんとスラぼうの身体を押すと、二匹のスライムは交互に跳ねながら神父の足元に近づいた。神父も足元に何者かが近づいてきたのを悟り、その場に片膝をつくと、両手の平を重ねて二匹のスライムの上にかざした。手の平から生み出された聖なる光が瞬間的に輝き、スラりんとスラぼうの身体を照らす。その輝きはほんの一瞬で、目を瞑って開けたら、もう光は止んでいた。スラりんとスラぼうが互いに目を見合わせ、身体の調子を確かめるように地面の上をゆらゆら揺れながら回っている。
「あれが呪いを解く呪文ですか……ふむ」
サーラが感心するように神父を見つめ、深く頷いていた。魔物の中では魔族の一種でもあるサーラだが、彼自身その事実を内心気にしていた。マーサという一人の女性から、人間にも様々な種類の者がいることを教えられ、今はその息子であるリュカと共にマーサを救うための旅に出ている。人間の国グランバニアでも人間たちに信頼され、国を取り仕切る国王代理のオジロンや宰相サンチョとも肩を並べて話をするほどの関係を築いている。
「呪いを解く呪文……私に向いているものかも知れません」
「サーラさん、その呪文ってシャナクって言う呪文らしいわ。前に呪文書で見たことがある」
ポピーに小声で話しかけられたサーラは、感心するように王女を見つめる。
「王女様は本当に勉強熱心ですな。呪文のことなら王女様にお聞きすれば大抵のことはわかりそうです」
「そんな……私なんてマーリンの足元にも及ばないわ。マーリンって本当にどんな呪文でも知ってるんだもの」
「マーリン殿のことですから、ポピー王女に負けないように必死に呪文のことを調べているのかも知れません」
サーラが冗談交じりに言うと、ポピーも小さく笑っていた。
「スラりん、スラぼう、良かったね。呪いを解いてもらったんだ」
「うん! ……でも相変わらず魔力はすっからかんだよ……どうしよう」
「ピー……」
「他に呪いを受けた者、毒を身に受けている者、打たれて体中が麻痺している者はおられぬか? ……ここは労働する者に酷い仕打ちをする奴らがいるからな。困ったことがあれば私が治して差し上げますぞ」
神父はリュカたちの会話が聞こえているのかいないのか、洞窟内を見渡すように視線を巡らせながらそう言った。子供達も魔物の仲間たちも皆、神父の声を聞くことができるが、その声はどこかこことは違う場所から響いてくるような気がした。
「神父様、僕たちはもう大丈夫です。ただ少しの間、ここで休ませてもらっても良いでしょうか」
リュカはそう言いながらスラりんとスラぼうの様子を窺い見た。先ほどスラぼうが言った通り、彼らの魔力は根こそぎなくなり、まだ呪文を使える状態ではなかった。しかし少しの間身体を休めることができれば、彼らの魔力も回復するだろう。
洞窟内には湖の水が流れ込み、徐々に洞窟は水に沈みかけている。急ぎたい気持ちはあるが、この先にも魔物が潜んでいることを考えればスラりんとスラぼうの魔力を回復させなくてはならないと考えたのは、リュカだけではなかった。
「止むを得ません。この先を進むことを考えれば、ここで一休みするのが良いでしょう」
「でもスクルトならボクも使えるよ! ボクが頑張れば大丈夫……」
「ティミー、あまり焦ると取り返しのつかない失敗をすることもある。天空の塔でお前は一度、倒れてしまっただろう? 無理は禁物だよ」
リュカがティミーに厳しくも優しくそう言うと、ティミーは黙り込んで俯いてしまった。そして半分納得したように小さく頷くと、スラりんとスラぼうの様子を自分の目で確かめに行った。
「過酷な労働で心身ともに疲弊しているとお見受けします」
ふと神父は視点をリュカに合わせ、まるでリュカ一人に語りかけるように言葉を続ける。
「よろしい。私があなたをお守りしましょう。その間、ゆっくりと休まれたらよろしい」
神父はそう言うと、両手を上に伸ばし、ぶつぶつと聞いたこともない呪文を唱え始めた。非常に長い呪文で、神父が呟く呪文の言葉一つ一つで、リュカたちの周りを薄く光る膜のような何かが囲み始める。ベホズンがうっかりその膜に触れても、膜は破れることなく、ベホズンの体に沿ってまとわりつくだけだ。
「回復の魔法陣……私の命と引き換えに習得した、究極の呪文です」
その言葉でリュカはこの神父が既にこの世にはいないことを自分自身で悟っていることを知った。かつて神父は、この地下遺跡の中で労働者たちを見守り、傷を癒し、身体を労わり、彼らの励みになることをと、懸命にその役目を果たしていたのだろう。ここでどれほどの人々が働き、どれほどの人々が苦しんでいたかは分からないが、神父は全ての人を救いたいと心から願い、そのためには自らの命を投げ出すことも厭わなかった。ここで労働に従事させられている人々を救うために何ができるかを、神父の立場で考えた結果、彼は普通の人間では成し遂げられない回復の魔法陣を完成させたのだ。
「この中に入っていれば、間もなく身体は回復します。しかしもし使いたくないと言うのであれば、魔法陣から外に出ていた方が良いでしょう」
「こんな便利なものを使わないなんて、ないよね、お父さん。神父様、どうしてそんなことを言うんだろう?」
ティミーが首を傾げる横で、リュカは神父の言うことを一人、理解していた。瞬時にして体を回復させたところで、すぐに労働の場所に戻らなければならないことを、神父は案じている。ゆっくり休む時間があるのであれば、この回復の魔法陣など使わずに、ゆっくりと身体を休めた方が良いと神父は暗に言っているのだ。
「今は使わせてもらった方が良さそうです。この洞窟にいられる時間はあまり長くなさそうなので」
リュカの言葉に神父は全てを理解しているかのようにゆっくりと二度頷き、リュカたちに回復の魔法陣の場所を提供した。
リュカたちの体力も魔力もすっかり回復した頃には、神父の姿は消えてしまっていた。



「信じられないね、あんなところですっかり元気になれるなんて! あとは何か美味しいものが食べられれば最高だったんだけどな~」
「お兄ちゃん、そんなワガママ言ったらバチが当たるわ。あの場所で休めただけでも良かったじゃない」
「ボクたちの魔力もすっかり回復したよ、リュカ王。また頑張るからね」
「ピキー!」
回復の魔法陣で体力魔力ともにまるで旅に出る直前くらいに元通りになったリュカたちは、再び洞窟探索を始めていた。姿が見えなくなってしまった神父だが、恐らく彼は誰かに必要とされた時にその思いに応えるように姿を現し、困る人々に手を差し伸べてくれるのだろう。この場所の労働に従事させられていた者たちへの慈愛は、神父の命が尽きた後も潰えることはない。人の強い思いというのは、死して尚強くあり続けるのだと、リュカにはそう信じられた。
広い洞窟内をサーラの視力を頼りに進む。湖から流れ込む水はあちこちを水浸しにしているが、時折リュカたちの足元に水たまりが広がるだけで、先に進めないということはなかった。
洞窟はまだ奥深くまで続いている。進んでいくうちに下り坂になり、下の階層にはまた広い空洞が待ち構えていた。
下の階層に進んだその時、今ではすっかり聞きなれた音が聞こえてきた。しかしリュカたちは今、歩いて洞窟内を進んでいる。聞こえる音は紛れもなく、トロッコがレールの上を走る騒がしい車輪の音だ。
「誰か他にこの洞窟に入って来た人がいるのかな」
「もしかしたら魔物がトロッコに乗ってるのかもよ」
「いずれにせよ、用心して進みま……」
「わー! 助けてくれー!」
サーラの言葉を遮るように、誰かの叫び声が聞こえた。その声がたとえ魔物だとしても、助けを求める状況にあるということは、リュカたちが襲われる心配はない。リュカたちは用心しながらも、声のする方へと早足で歩き向かった。
「誰かこのトロッコを止めてくれー!」
行った先にはトロッコのレールがあり、リュカたちの目の前を風のようにトロッコが過ぎ去って行った。一瞬しか確認できなかったが、トロッコに乗るのは人間のようだった。過ぎ去ったトロッコの様子を、サーラが目を細めて改めて確認する。
「人間の男が一人、乗っているようですな。どうしますか、リュカ王」
「トロッコを止めて欲しいんだよね。でもどうしてトロッコが止まらないんだろう」
「ずっとトロッコに乗れるなんて楽しそう! 次はボクが乗せてもらおうかな」
「お父さん、またトロッコがこっちに来るわ!」
ポピーがそう言った傍から、一人の男性を乗せたトロッコは再びリュカたちの目の前を疾走していった。トロッコに乗る男性もリュカたちに気づいているようで、通り過ぎる最中に「助けてくださいぃぃ~!」と哀れな声を上げて行った。
「リュカ王、あちらにレール切り替えのレバーがあるようです」
「レールを切り替えれば何とかなるかもね。行ってみよう」
リュカたちはぞろぞろとレールを辿ってレバーのある場所まで歩いて行った。その間にも男性を乗せるトロッコは同じレールの上を回り続けている。何故止まらないのかと考えながら歩いていたリュカは、トロッコが走る地形が問題なのかと、起伏の激しい地面を歩きながらそう考えていた。
切り替えレバーは二つあり、一つは完全に壊れていて動かなかった。しかしもう一つは鉄のこすれ合う音を響かせながらも、少しだけ反対側へ動く気配を見せた。
「ちょっと錆びついているみたいだけど、何とか、動かせるかな」
リュカは力いっぱいレバーを反対側へ動かそうとした。錆びついているレバーは鈍い音を立てながらほんの少しずつ動き始める。子供たちや仲間の魔物らはリュカの様子を見ていたが、痺れを切らしたプックルがリュカを手伝うようにと大きな前足で思い切りレバーを反対側に押しやった。すると鉄のレバーは一気に反対側に動き、それに伴いレールの切り替えも行われた。と同時に、切り替えレバーはポキリと折れ、地面の上に激しく転がって行った。
男性を乗せたトロッコがレールの上を疾走してくる。風のような速さを保ったまま、リュカたちの前を通り過ぎる。切り替えられたレールの上に乗ったトロッコは、少しの上り坂で一度勢いを落としたかと思うと、一気に下り坂に向かい、リュカたちには見えない場所へと突き進んでしまった。そしてその直後、「ぎょえー!」という男性の悲鳴と共に、トロッコがどこかにぶつかって壊れたような激しい音が洞窟内に響いた。
「……あの人、無事かなぁ」
「怪我をしていたら手当てをした方が良いでしょうな」
「と、とにかく行ってみよう!」
トロッコは正面の壁に激突したらしく、見事にばらばらに壊れてしまっていた。木の板があちこちに飛び散り、元々何だったのかが分からないほどの木屑と化していた。その木屑を全身に被るように、トロッコに乗っていた男性が地面に倒れている。ピクリともしない男性をティミーとポピーは少し離れて恐る恐る覗き込んでいたが、リュカが地面に片膝をついて男性の方に触れると、男性は小さなうめき声を上げた。
「うう、いたたた……」
「大丈夫ですか? どこか怪我はありませんか?」
トロッコが完全に壊れてしまうほどの衝撃の中で、男性が怪我をしていないはずはないと、リュカはまだ地面にうつぶせに倒れる男性の様子をしげしげと見た。
男性はどこかの町や村で会ったかも知れないが、決してその時のことを思い出せないというようなありふれた顔つきで、つい先ほどまで酒場などで働いていたと言ってもおかしくないような出で立ちをしていた。青い長ズボンに白いシャツ、焦げ茶の吊りベルトをつけ、赤い蝶ネクタイをつけている。封印されていたはずの洞窟にいる人間としては、あまりにもみょうちきりんな風体をしていた。
「どなたかは知りませんがありがとうございました。うっかり乗ってしまい、かれこれ二十年以上は回っていたでしょうか……。いや~まいったまいった」
そう言いながら、まるでうっかり地面に転んでしまったとでも言うようにすっくと立ちあがると、服についた土ぼこりを両手でパンパンとはたいて落とした。小柄な男性のようで、リュカは彼の頭を見下ろす格好で立っているが、見下ろしている感覚はまるでなかった。
「おじさん、今、二十年以上って言ったよね?」
「二時間……とかの間違いじゃないの?」
ティミーとポピーが不思議そうにそう尋ねると、男性は少し考えるように天井に視線をやり、手を顎に当てる。
「う~ん、いや、でもやはり二十年くらいは経っている気がしますねぇ。その前まではこの洞窟を歩き回ってたんですけど、まさかあんな恐ろしい乗り物があるなんてねぇ。本当に参っちゃいましたよ」
普通の人間が二十年の間、トロッコに乗り続けることは不可能だと思うのはリュカだけではない。ティミーとポピーは「もしかしたらそういうこともあるのかも……」と思えるほど夢を見ることもできたが、リュカやサーラは明らかに首を傾げ、プックルも怪訝な顔つきで男性を見上げている。スラぼうもスラりんに小声で「あのおじさん、あやしいよね」などと囁き、ベホズンは物珍しそうに男性をまじまじと見つめている。
「あっ、申し遅れました。私はプサン、信じられないでしょうが、かつて天空の民だった者です」
「天空の民って……じゃあ、おじさんって神様の住むお城に住んでいたの?」
「でも今は湖の底に沈んじゃってるわ。どうやってここに来たの?」
「おおっ、よくご存じですね。そうなんです、天空城は今や湖の底……私も湖に沈む天空城を目指してこの洞窟内をうろついていたのですよ」
「でもあのトロッコに乗っちゃって、抜け出せなくなったんだ。大変だったね~」
「いやあ、それほどでも。こうしてあなた方に救っていただきましたし、もう大丈夫です」
「おじさんって、見かけによらずタフなのね……」
リュカはプサンという男性と子供たちとの会話に色々と指摘したい部分があるのを堪えて聞いていた。
「お見受けしたところ、あなた方も天空の城に向かっていますね。よろしい! 私もお供しましょう! 人数が多い方が心強いですからね。わっはっはっ」
トロッコの衝突と共に、激しく体中を打ち付けたに違いないプサンだが、その実どこも怪我をしている様子はなかった。服の埃を払っただけで済ませてしまうようなことではなかったはずだと、リュカはプックルと同じように怪訝な顔つきでプサンを見る。
「おや? 私が無傷でいるのが不思議だと思われているようですね。天空人と言うのはとっても丈夫なんですよ。あれくらいのことでは傷一つ負いません。ご安心を」
「そういうものですか」
「ええ、ええ、そういうものです。さあ、行きましょう! ここからならある程度私がご案内できますよ」
「えっ、ホント? おじさん、道を知ってるの?」
「お父さん、プサンさんについて行ってみましょうよ。この洞窟の道を知ってるなんて、とても心強いもの」
「……うん、そうだね」
リュカはそう返事をしながらも、やはりプサンの様子を注意深く見ていた。どこからどう見ても、街中の店で働いているような一人の人間に見えるのだが、目を見ると、どこか落ち着かない気分にさせられた。普通の落ち着いた黒い瞳のようだが、角度によってその瞳が琥珀色に変わるのだ。
「では、参りましょうか。……えーと、あなたのお名前は?」
「僕はリュカです。この子がティミーでこの子がポピー。それと……」
リュカが魔物の仲間たちを紹介しても、プサンは魔物に動じることなく、一人一人と挨拶を交わした。プックルとも握手を交わすなど、一般的には地獄の殺し屋と恐れられるキラーパンサーにも普通に接していた。ベホズンの巨大な緑色の体に触れて、「これはひんやりしていて気持ちがいいですねぇ」などと言いながら頬ずりしたりして、ベホズンに弾かれていた。
「リュカ王、よろしいのですか?」
サーラの言葉が非常にまともなものに感じられるが、リュカは様子を見ながらプサンと行動を共にすることを覚悟した。この洞窟の中で二十年もの間トロッコに乗り続け、洞窟内に潜む魔物に襲われることもなく過ごせたプサンには、何か特別な回避能力でもあるのかも知れない。自称天空人のプサンと共に行動することは、特別危険なことではないだろうと、リュカはプサンの横に並んで和やかに会話をしながら進み始めた。

Comment

  1. ケアル より:

    bibi様。

    MPを削られる呪いは本当にやっかいですよね。
    シャナクを覚える仲間もティミーだけなのかな…なんて当時は思っていました。
    サーラが覚えるんでしたね。

    メラミ連発のサーラ、空中から攻撃できるのは強みになりますね。

    ポピーのマグマの杖、ゲームでは戦闘中で使い物にならないけどbibiワールドでは、あるいみ最強の杖になりましたね。
    だってマグマが直撃!まあこれが本来のマグマの杖ですね(笑み)。

    プックルの戦闘力は本当にすぐれたもんですね。
    特攻隊にもなるし瞬時に移動して仲間の所へも行ける。
    bibi様、執筆の時、実はプックルに助けられていますよね?
    プックル抜きの戦闘もbibiワールドで見てみたいもんです(笑み)。

    プサン来ましたか(笑み)
    天空城が落ちて20年ぐらい…、計算上はつじつまが合っているんですね。
    スクエニ(当時のエニクス)も、ちゃんと時系列を考えてプサンに喋らせていたんですな。
    6歳のリュカの元にゴールドオーブが落ちて城が落下した時、プサン改めマスタードラゴンは人間界にお忍びで遊びに行っていた。
    慌てて城を探したら、かつて、なんらかの理由で酷い労働を受けていた場所を発券。
    湖の奥深い場所に城があるため、マスタードラゴンなら城へ戻れたかもしれないが今は人間プサン…城へは戻れない。
    困り果てたあげく採石場に足を踏み入れたら湖と繋がっていることが分かった。
    奥深い場所に行けば天空城に行けると感じたプサンは、採石場のトロッコ洞窟を山々に囲まれるように封印した。
    力を抑えるためにマスタードラゴンは人間の姿のプサンになった。
    だから、これ以上の封印ができなかった。
    洞窟に入り探索していたら間違えて一生周り続けるトロッコに乗ってしまった。
    プサンの姿だから、本来の力を使えないため20年近く回り続けてしまった…と言う所でしょうかね(笑み)

    でも、自分自身で力を封印したんだから最初に向かうべきは、沈んだ天空城でなく、封印したボブルの塔ではないかと、今この文章を書きながら思うケアルなのでありました。

    次回はbibi様、いよいよ天空城ですね。
    そして、迷いの森のギミックとベラとポワンになりますか?
    迷いの森でアンクルホーンと目がざるロック仲間にしちゃいますか?
    次回も楽しみにしています!。

    • bibi より:

      ケアル 様

      コメントをどうもありがとうございます。
      シャナクって目立たない呪文なんですが、重宝する時期があるんですよね。呪いの攻撃を食らうと、とても重宝します。
      マグマの杖はゲーム内ではそれほど威力のない杖なんですが、せっかくなのでこういうお話の中で活躍してもらうことにしました。
      プックルを旅の仲間から外す・・・その時が来るかどうかは、怪しいです(笑) プックルがそれを許さないでしょうね。でも状況によってはあるいは・・・という感じでしょうか。
      ようやく出てきました、怪しげな天空人。この方の二十年は人間の二十年とは全く違う次元のものなので、つい最近のことなんでしょうね。
      二十年間、飲まず食わずでトロッコに乗り続けるなんて正気の沙汰ではありませんが、彼にとっては大したことではなかったのかしら。
      ドラクエの世界は、とっても親しみ深く、簡単にできていそうな世界観なんですが、深いところで色々と結びついて来たりして、そういうところが面白いところです。ドラクエ1、2、3の繋がりは、当時本当に痺れたのを覚えています。
      ようやく天空城に行けそうです。ここまで長かった・・・けど、まだまだありますね(汗)
      引き続き頑張ります。

  2. ケアル より:

    bibi様。

    1~6までの作品は当時のゲームを作る技術を考えると、本当に神作ではないかと。
    ロトシリーズ3~1~2。
    天空シリーズ6~4~5。
    繋がりがあるなんて思わなかったですよ。
    そんな中でもドラクエ5のシナリオとゲーム曲は、ずばぬいて、すんごぉいです!。

    先日、ドラクエ5戦闘曲、戦火を交えての聞き比べをしたんです。
    N響とロンフィルと都響!。
    どれも甲乙告げがたいですよ。
    そんな中でも、自分は都響版の戦火を交えてが好きですね。
    録音がスタジオでなくホールなだけに楽器の迫力が違います。
    金管楽器が抜群に素晴らしいですよ。
    ネットを見るかぎり賛否両論ありますが…まあようは、3楽団とも神曲と言うことになるんでしょうね。
    bibi様はN響ロンフィル都響、どのCDを持っていますか?。を持っていますか?

    • bibi より:

      ケアル 様

      ドラクエは別作品の中でも繋がりがあるのが痺れるところです。1,2,3は言わずもがな、4、5、6も色々と想像すると面白いものです。
      私は今でも一番印象に残っている場面は、3の地下世界に行ったときにアレフガルドの音楽を聴いた時でしょうか。自分でプレイしていたわけではないですが、全身が震え上がったような気がしました。

      BGMも最高ですよね。戦火を交えてを聞きながらお話を書くことも多いです。
      私が持っているCDは・・・なんだっけ(汗)
      パソコンに取り込んであるのですが、情報が分からず。まだまだドラクエ愛が足りないですね。

  3. ケアル より:

    bibi様。

    すみません誤字が、さっきのコメントに…紛らわしくなってごめんなさい。

  4. ピピン より:

    bibiさん

    トロッコの洞窟の“労働”…闇が深そうですね
    作中で語られていたかどうかは忘れちゃいましたが

    マグマの杖が活躍してるの良いですね…!
    名前通りならこれくらい威力があってもおかしくない(笑)

    プサンは改めて怪しさ満点過ぎです…トップ画の蝶ネクタイには笑いました( ´∀` )

    • bibi より:

      ピピン 様

      コメントをありがとうございます。
      あんな地下にあれほどの巨大なトロッコ洞窟があるなんて、おかしいですもんね。そういうところには大抵、闇があるものです。
      ・・・と言うことにしておきます。
      作中ではそれらしきことを言う人もいるので、後でちょっとだけご登場いただこうかと思っています。

      マグマの杖はお話に出すには面白い武器なので、王女にじゃんじゃん使ってもらっています。
      巨大な岩山一つを吹っ飛ばすほどの杖なので、実際に使ったら本当はもっとヤバイ杖だと思います(笑)

      プサンは怪しさ満点なのが魅力です。あの見た目であの正体なのが、まさしくドラクエだなぁという感じがします。
      この人ならこのトップ画しかないだろうというチョイスです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 




 
この記事を書いている人 - WRITER -

amazon

Copyright© LIKE A WIND , 2020 All Rights Reserved.