「シアトリズム ドラゴンクエスト」が気になって……

 

この記事を書いている人 - WRITER -

既に発売されている「ドラゴンクエスト シアトリズム」というゲーム。
発売される前からずっと気になっていたのですが、どうせプレイする時間もないだろうし、気になった所でムダムダムダ……と、公式ホームページを見るだけで満足しようとしていたのですが……

体験版があるとな?

と、さきほどチラッと発見し、しかも体験版の曲がDQ3の「冒険の旅」とDQ5の「戦火を交えて」だなんて、かなり熱い曲が用意されていたので、こりゃあ体験版だけでもダウンロードしろってことだなと、私の持っているDSでダウンロードしてみようかしらなんて思ったのですが。

対応しているのは、3DSの本体で、私の持っているのはかなり前に買ってまだ新品同様の見た目のDS Lite……^^;

時代の波はもう私には見えないところにまで行ってしまっていたんですね。
本体を買わなければ何もできないということであれば、私の体験版への挑戦はここで終了。本体を買う気にはとてもとても。

ということで、しばらくは完全に新しいゲームからは遠ざかることになりそうです。
本体を必要としないスマホ向けゲームなら、あるいは挑戦できるかも。

ひっさびさにゲームがしたいんですけどね~。
新しい物語に触れると、心が躍るあの感覚が懐かしい。

今でもゲームで本気で泣ける自信はあります。
泣けるゲームはFFの方かも知れませんが。

もちろん、DQ5でも泣きましたけどね、当時。

あとは、クロノトリガー。あれは私の中では名作です。
音楽がまた良かった。
身体中がぞくぞくするような音楽ばかりでした、あのゲームは。

クロノトリガーでシアトリズムを……それはあまりにも曲数が少ないか。

いずれにせよ、ゲームをプレイするに当たって、音楽というのは何とも大きな影響力がありますよね。
音楽を聞くだけで、その場面を思い出して、うおおおおーーーっとなることが良くあります。
こちらの本編を書く時にも、良く音楽を聞いて気持ちを高ぶらせて書き始めることがあります。

それだけに、私の旦那さんが無音でゲームをプレイしていた時は
「貴様……ゲームをなんと心得る……」
と思ってしまいました。こんな人がこの世にいるのかと。

ゲームの楽しみ方が違うんでしょうね。いやー、しかしあの時はびっくりしました。

それにしても、私はいつ以来、新しいゲームに触れていないのか。
次にプレイする新しいゲームは、一体何になるのかなぁ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 




 
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© LIKE A WIND , 2015 All Rights Reserved.