大人になっても知らないことばかり(選挙)

 

この記事を書いている人 - WRITER -

もうすぐ参議院議員選挙ですね。唐突ですが。

外を歩けば、選挙の時になると建つ看板が目につきます。様々候補者の方のポスターが貼られ、こういうものにも一つ一つお金がかかっているのね~大変ね~と、庶民目線でそんなことを考えながら横を歩いています。

そう言えば、ドラクエの世界にも立札があったりしますよね。小島にぽつんと建てられていたりして、興味本位で上陸して内容を見れば、しょーもない内容が書いてあったりして。そんで敵と遭遇してうっかり瀕死になったりして。立札とんでもねぇと思ったことがあります(笑)

しかし、選挙のポスターが貼ってある大きな看板は、悲しいかな、多くの人が素通りしてしまう・・・。たくさんの人の顔がばばばーっと貼ってあると、それだけでお腹いっぱいになったり、どうしても有名人に目が行ったりしてしまいます。それだけ知名度があると有利なものなんですよねぇ。それはそれで、仕方のないことだとは思いますが、もうねぇ、顔だけでは騙されないくらいには年を取ったような気がします、私も。

恐らくもっと若い頃だったら、特別深く考えずに有名な人に一票を入れたりしていたかも知れないですが、今の世の中、今の日本って、本当の本当にヤバイ状況なわけで。それに気づいていない人も多くいるかも知れないですが、少し方向を間違えると、今後の私たちの生活どころか、国自体の存続が危ぶまれているという・・・そんな状況に思えて、心の中はいつも落ち着かない状態です。

私なんぞはまだいいんですよ。ただ私にも一人、子供がいるわけでして。子供が将来過ごすこの国がとんでもない暗い状況、もう言ってしまえば暗黒の状況になれば、それは絶対に避けたいところなのは間違いないです。・・・いや、私自身もなるべく明るく過ごしたいですけどね、もちろん。

ところで、日本という国が始まってからどれほど経っているか、ご存じでしょうか。今まで日本がどれだけ続いてきたかって考えたら、とんでもないんですよ。世界に類を見ない国なんですよ、この国は。

日本が建国されたのは、旧暦で紀元前660年1月1日、今の新暦だと2月11日。建国記念日が2月11日なので、そういうことです。

日本って実に、2600年以上も続いている国、なんです。2600年以上ですよ? 想像できますか?

私、この事実に改めて触れた時に、鬼滅の刃が流行した理由を知ったような気がしました。やっぱり日本人って、日本のことが大好きなんでしょって。あの漫画も1000年もの間、鬼と戦っているんでしたよね、確か。そういう長い長い歴史の中で、一つのことを追い続けることと、羽織袴に刀にと、日本人の心の根底に残り続ける誇りに触れているんじゃないかなって。だから多くの人が心揺さぶられたんじゃないかしらと、そんな風にも思うわけです。

紀元前660年1月1日に神武天皇が即位し、そこから日本国が始まった。と言うようなことは、戦前の教育を受けた先人の方々は皆、当たり前のように知っているんです。戦前に生まれた方々は当然のように知っている建国記念日などのそんなロマン溢れる史実を、どうして現代の人たちはあまり知らないのか。(ロマン、感じません?)

戦争で負けたからですよね。全てはそこで一度、日本の歴史ってある意味途切れてしまった。

長く継承されてきた日本の文化は敗戦と同時に一度、途切れてしまいました。私の父は戦前生まれだったので、祝日には当然のように家の玄関の脇に日本の国旗を掲げていました。まだ子供の頃の私にはそれが何やらよく分かっていなかったのですが、今になって思います。戦前に生まれた人と、戦後に生まれた人では、根本的に異なる部分があるんだなと。考えると、何だか悲しいことですね。

豊かになることが悪いとは思わないし、豊かでありたいと思うのは人として当然の望みだと思いますが、そのためには全てを捨て去っていいのかと言えば・・・そう言うことではないでしょう。何となくですが、今の世の中、お金さえ儲けられればいいんだなんて風潮があるように感じます。だけどそれって、人間である必要、ありますかね。別に人間じゃなくても、そんなん今はいくらでもできそうな気がします。

それよりも大事なのは、人間として、この国の一人として何ができるか。自分の置かれている立場を振り返れば、まだ日本がこうして存続しているから今もここでこうして生きていられるのよねと、当たり前のことを当たり前と思わないことが大事、なんじゃないかなぁと思うわけです。

愛国心と言う話で言えば、私が拙く書いているドラクエ5の世界でも、一時は国を離れたヘンリーは祖国の窮状を目にして居ても立っても居られない思いに駆られたわけです。もう二度と戻ることはないと思っていた祖国に、彼は自分の意志で再び戻ったわけです。これをゲーム上の設定と上辺に捉えることももちろん可能ですが、その本質をじっくり考えればとんでもない決意なわけですよ。そんな熱い彼だから、私はどうしてもちょっと贔屓目に書いてしまったりする(笑)

彼ほど熱いわけではないにしても、私にも少なからずこの日本と言う国の存続を普通に願う希望は持っているわけです。それこそ、私たち世代だけではなくて、将来の子供たちのためにも、当然のようにそう思うわけです。

そう言うことを考えれば、今度の参院選の選挙には必ず行かねばと、そう思うわけですよ。(そう繋がるのか・・・)

だって何の立場でもない一人の日本人でもできる、一番簡単な意思表示方法ですよ。それを放棄するって、この国はどうなっても構わないと言っているのと同義になっちゃうので、今のこの時、世界が様々な不安に駆られている時にそこまで無責任にもなれないので、とにかく選挙には行きます。

そこで問題になるのが、どこに投票したらいいのよ、ってことですよね。それが何にも分からないから行く気がしないし、期待できる政党なんかあるかいな、と諦念の中にある人が多いから、行かないんですよね。分かります。分かります。

でもね、今はこれほど荒れた世の中なんです。それに本気で立ち向かおうとしている人が、じっくり見れば、出てきていますよ。今の世の中が本当の本当にマズイと思っているのが私のような庶民だけではないというのは、それだけ本当に危険な世の中になっているということです。

若い方たちが一気に選挙に行って投票したら、それこそ今の政治はひっくり返ります。それも偏に、今は若い方の投票率が低いから。責めているわけではありません。ただの現状です。

政治がひっくり返ることが良いとは言い切れないですが、でも今のままだと明らかに日本の未来は暗くなりそうです。

若い方は仕事の忙しさや様々、生活における理由ってありますよね。でも今って本当に、ヤバイんです。仕事の忙しさ云々を語っていたあの頃が懐かしいと、思う日が来てしまうかも知れないような状況です。

この前、9政党の党首討論が行われていて、Youtubeにもアップされています。今はそういう情報を得るツールがあるから、どんどん利用すべきと思います。・・・まあ、選挙の対象となる政党って、この9政党だけじゃないんですけどね。他にも力をつけている政党が出てきている、と思っています。

臭いことを言うと、私たちの手で日本の未来を明るくしたい、と。今まではただ臭い台詞のように流してきたりしたけど、この臭い言葉が心身に染みる今日この頃です。これからの日本、世界、どうなるんだろう・・・。

みんな、不安ですよね。気が付きゃ、日本ではデフレが20年以上続いてるんですって。そりゃあ景気の良い日本を知らない人たちが増えるわけだ。私も含め。

なのでとりあえず、自分の意志表示を示すこととして、選挙には行っておきましょうか。今回は真面目に、そんな呼びかけをしてみたブログでした。

Comment

  1. ケアル より:

    bibi様。

    自分が当時20歳になったころ。両親に言われたことを今でも覚えています…というか、言われた内容に納得せざるをえなかったんですよ。
    あのころは、選挙にまったく興味なく行く気もありませんでした。
    でも、両親が言うんですよ

    「選挙権があるのに選挙放棄するというなら金輪際、政治に関する内容、国に関する内容に対して、いっさい文句や悪態をつくようなことはするな!
    消費税が上がろうとも年金が下げられようとも、不景気で給料が低くても、口に出して愚痴や文句や悪態や批判を回りに言うのは辞めろ!
    選挙放棄をするということは、誰が選挙に当選しても構わないということ、自分自身の意見を言わないということは周りの意見に賛同するということ、国に対して意見を言える、すなわち選挙、意見や意思表示を示すことができるのに、それをしないということは、国が決めたことに不満はありませんという答えが選挙に行かないということだ。
    選挙は国民の義務だ!
    義務放棄はするな!」

    若者が選挙に行かないのは今に始まったことではないです。
    とくにゆとり世代は選挙に行かない傾向ですよね。
    だから国は選挙権を18歳に下げました。
    下げましたが投票率は上がりませんよね、たしか…50㌫そこそこ60㌫行かないぐらいが毎回の占拠率だったかと思います。
    自分的な見解なんですが、若者が選挙に行かないのも原因なんですが、もう一つの原因は高齢者が選挙に行かないということ。
    高齢者と言っても、本当に年をとったお爺さんお婆さん、80歳から90歳にかけての世代です。
    その世代の人たちは、様々な要因で選挙に行かない行けない人が多いように感じるんですよ。
    一つ目は、認知症により選挙に行けない行かない。
    これはしかたのない事実…しかし国は認知症の方たちにも選挙の葉書を送付しているんです。
    行けるわけないじゃないですか!
    葉書を認知症の方に送付するのは資源や労働や税金の無駄になっていると思うんです。
    国はそういうことをちゃんと自治体と連携してくれないかと感じます。
    認知症の方たちにどうやって選挙させるんでしょうかね?…不可能だと思いますが……。
    二つ目は、選挙にまだまだ行ける元気があるのに行かない高齢者。
    これが困るんですよねぇ…まだまだ歩けるのに、まだまだ頭がしっかりしているのに、選挙に行かない80歳から90歳代。
    たしかに、車がない誰も連れて行ってくれない、言いたいことは分かりますが、パチンコ、競馬をする暇あるなら行こうと思ったら行けるはずではないでしょうか。
    投票場所は近所なんですからタクシーでなんとか行けるはず。
    もちろん全ての高齢者が競馬パチンコしているとは言いませんよ、
    競馬パチンコしてない高齢者の方でも選挙に行かない方たちがけっこう多い。
    めんどくさい、大義、遠い、歩くのが億劫、興味ない、誰もつれていってくれないなど。
    自分の足で行けるのに…タクシーでも行けるのに。
    そういう高齢者が多いように感じてなりません、自分の周り、そういうお爺さんお婆さんけっこういるんですよ仕事柄。
    だから投票率が上がらないんですよ日本は、自分はそんな風に思います。

    病気で動けない高齢者や中高年や若者のために不在者投票というのもありますが、制度を利用している方は一部だと思うんです…そういう方はしょうがない部分あると自分は感じますが、元気な80歳90歳の方が選挙に行かないのは、どうにかならないかと感じてなりません。
    おそらく今回も投票率は60㌫行くか行かないか……。
    全盲の自分は今回もタクシーで行ってきます。
    bibiワールドを楽しんでいるファンの皆さんは、選挙にかならず行きましょう!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

 




 
この記事を書いている人 - WRITER -

amazon

Copyright© LIKE A WIND , 2022 All Rights Reserved.