本編を更新しました 「星の海の記憶」

 

この記事を書いている人 - WRITER -

ゴールデンウィークが目前に迫っていますね。
まあ、毎度のことながら実家にお邪魔する予定ですが、息子の成長をおじいちゃんおばあちゃんに見せられるのはとても嬉しいことです。手放しで喜んでくれるおじいちゃんおばあちゃんがいることは、息子にとってもとても嬉しいことなんじゃないかと思っています。そういう関係って大事ですよね。

さて、本編を更新しました。

「星の海の記憶」

一応、改めて公言しておきますが、私は主ビア派です。
話の流れが「あれ?」となっていますが、これも私流の話の進め方なので、悪しからず……。

さきほど(結構前ですが……)、息子と一緒に寝てしまい、再び起きたのが12時半過ぎ。それから更新作業などをしていたので、いつの間にやらこんな時間になってしまいました。生活パターンが最近、こんな感じで、睡眠時間もかなり不規則です。
でも、慣れとは凄いもので、こういう生活パターンもさほど苦ではありません。これから3時間くらい寝られれば、トータルで5時間弱は寝られるから、まあいっか、みたいな。
で、ここで、息子がうっかり起き出して、遊び出しちゃったりすると、寝そびれて、「あれ? 今日の私の睡眠時間は、往年のピンクレディー並み?」と思うこともありますが、それも何日も続くわけではないので、当時のピンクレディーさんに比べればなんてことはないはず。
第一、息子に悪気はないし、本能のままに生きているので、夜中に起きて遊んじゃうのも致し方がない。それに、かちゃかちゃと静かに一人でおもちゃで遊び始めちゃうとか、見ていて可愛いので、まあいっかとなってしまいます。そしてまた眠たくなったら寝るでしょうと。泣かないだけ、かなり助かります。

……でも、なるべくなら起きて欲しくはないので、これから静かにそっと隣でラリホーを唱えながら寝ようと思います。効くかどうかは、息子の耐性次第。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 




 
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© LIKE A WIND , 2015 All Rights Reserved.