2017/12/03

いにしえの呪文と煙の家

 

この記事を書いている人 - WRITER -

冬の柔らかな朝陽がルラフェンの町を照らす。昨夜は気付く余裕もなく、ただ宿で眠っていたリュカだったが、今改めてルラフェンの町の景色を見て、その異様さにしばし宿の前で立ち尽くしていた。
「これって迷わなかった?」
まるで迷路のような町の景色に、リュカは昨夜一人で町歩きをしたというマーリンにそう問いかけた。熱を下げるためにただひたすらベッドで眠っていたリュカは、マーリンがどれくらいの時間町歩きをしていたのか知らない。ただ何時間外に出ていたとしても、よくこの宿まで戻ってこられたなという思いが、町の複雑な景色から沸き上がる。
「何度か迷ったが、コツさえ掴めば簡単なものじゃ」
何も問題なかったというような雰囲気で話すマーリンだが、その目はいつも以上にギョロついている雰囲気だ。恐らく、さほど眠っていないのだろう。もしかしたら宿に戻って来たのは朝方だったのかも知れない。
「ただ呪文を研究しているというヤツの家は見つからなくてのう。東に見えるあの煙が怪しいとは思うとるんじゃが」
マーリンが指差す方向に、自然のものとは思えない紫がかった煙が上がっているのが見える。町全体に漂う妙な臭いはあの煙に違いないと、リュカはその色から想像した。
「じゃあとりあえずあの煙を目指して行ってみよう」
「昨日もそうしてみたんじゃがのう。もしかしたら遠回りする必要があるのかも知れん」
「遠回りか。でもどこをどう遠回りしたらいいのか……あ、そうだ、あの上の方にまで上ってみようよ。上から町を見下ろせば、道が分かるかも」
ルラフェンの町はどういうわけか立体的な造りをしていた。建物が上へ上へと造られているのだ。町にはところどころに風車が見られ、建物に邪魔されない場所でしっかり風を受けて回る構造のようだ。しかし風の弱い今は、風車の羽は静かに休んでいる。
リュカは早速マーリンを連れて、宿屋のすぐ近くの階段を上った。見ると、マーリンはすでにかなり疲れている様子で、腰を曲げながらゆっくり一段一段階段を上ってくる。
「まったく……この町は老人に優しくない町じゃ」
その言葉には、昨夜散々階段を上り下りしたという疲労が現れていた。マーリンはあの東に見える煙の家に近づくために、何度も何度も町の階段を上がっては下りて、下りては上がってを繰り返していた。
「おんぶしようか?」
「年寄り扱いするでない」
リュカの気遣いに憤慨するマーリンは、階段の途中で待っていたリュカを追い越して先に上がって行ってしまった。思ったよりも体力の残っているマーリンの後ろ姿に、リュカは安心してその後をついて行った。
階段の先にあった建物は、まだ営業時間を迎えていない酒場だった。朝陽に照らされる酒場はひっそりと静まり返っている。人々で賑わう酒場であれば立ち寄ろうかとも考えたが、「準備中」の札がかかった店に敢えて入ろうとも思えず、リュカは右手に見える上り階段に目を向けた。
「マーリン、大丈夫?」
リュカが更に上に続く階段を登ろうと、階段を指差すと、マーリンはフードに隠れた大きな目を細めて溜め息をつく。
「さっさと行けい」
投げやりなマーリンの返事に、リュカはふっと笑みをこぼす。東の大陸を出てから、町や村を回るのは常にリュカ一人だった。出会う旅人や町の人たちと話をしても、その場で相談できる仲間がいないことが実はリュカには負担だった。人々と話をし、今ここにヘンリーがいてくれたらどんな話ができていただろうと、その時々の自分の判断が果たして合っていたのか、振り返ると不安ばかりが押し寄せてくる。
魔物の仲間たちと旅をすること自体は、リュカにとって非常に心強く、楽しいものだが、ふと押し寄せてくる不安と戦うためにリュカは時折ヘンリーとの旅を思い出すことがある。意図して思い出すものではないだけに、自分がいかに彼を頼っていたかを思い知らされた。
それが今、魔物であるマーリンと共にルラフェンという人間の町を見て回っている。カボチ村での出来事を思い返すと、リュカは今とんでもないことをしている意識があったが、それでもマーリンと町を回れるのはリュカの気持ちをいつもより軽くした。他愛もない会話が、今のリュカには必要だった。
酒場の右手に長々と続く階段を上る途中、リュカは太陽の光に照らされる十字架を見た。町の教会は大抵、町の中心地近くに建てられることが多いことを、リュカは経験として知っている。そして教会には旅人がいることが多い。旅をする者にとって教会は必ず立ち寄る場所だ。リュカは幼い頃、父に連れられ旅に出ていた時には常に教会に連れられていた記憶がおぼろげに残っている。あの時父が何を祈っていたのか、今のリュカには分からないが、その背中はいつも真剣だったと、リュカはルラフェンの教会の十字架を見つめていた視線をふっと下ろした。
「教会に寄って行くよ」
「なんじゃと? 魔物のワシを教会なんぞに連れて行く気か?」
息を切らしながら階段の途中で止まったマーリンが、先を行くリュカをギロリと睨んで言う。
「教会に入るのって、辛いの?」
リュカの率直な問いに、緑色のフードを被ったマーリンの頭が傾ぐ。
「さあ、どうじゃろうな。もしかしたら魔物のワシが教会に入ったら、それだけで死んでしまうかも知れんのう」
「ええっ!? それは困るよ。じゃあ外で待ってていいよ」
リュカの真面目な反応に、マーリンはかっかっかっと笑って答える。
「人間の信じる神なんぞに、そんな力があってたまるか。もしそんな力を持っていたら、ワシら魔物は既にいなくなっておるじゃろ」
マーリンの言うことに頷くリュカだが、そうだとしたら果たして人間の神というのは何ができるのだろうかと、一瞬考えた。神の存在自体を信じていないリュカだが、神がかったことが時折起きることも何度か目にしている。人々が信じる神というのは、一体どういうものとして信じられているのだろうかと、リュカはその力に改めて疑問を抱いた。
階段を上り切ったところで、一度足を止めた。教会は目と鼻の先だが、マーリンの足への負担がひどく、しばらくその場から動けない状態になってしまった。教会近くにあるベンチでマーリンを休ませ、リュカは隣で老人を介抱する青年として同じように腰を下ろしていた。近くを通り過ぎる町の人や旅人は、誰もマーリンを魔物だとは疑いもせず、むしろ「大丈夫か?」と声をかけてくる者もいた。そんな気遣いを見せる人間に、マーリンも老人になり切った状態で「水を一杯もらえると助かるんじゃが」などと、図々しく要求したりしていた。
マーリンの要求に応えたのは、教会のシスターだった。水が欲しいと言ったマーリンの言葉を聞いた町の人が、教会に入ってシスターにそのことを伝えたのだろう。いそいそとグラスに入った水を持ってくるシスターの心配そうな表情を見て、マーリンの状態が果たしてどのように伝えられたのだろうかと、リュカは少し眉をひそめた。
「お連れの方、大丈夫ですか? 先ほど町の人がいらして、『行き倒れのおじいさんが水を欲しがっている』なんて耳にしたものですから……」
シスターが手にしているグラスの水からはほんのり湯気が上がっている。この寒い中、冷たい水を飲ませてしまうのは酷だと思ったか、教会で少し温めてきてくれたらしい。マーリンは素直にその気づかいに感謝し、さも美味そうに温い水をすすり飲んだ。
「リュカ、お主も飲んだらどうじゃ」
マーリンがそう言いながらリュカに手渡すと、グラスから伝わる温かさにリュカは思わず両手でグラスを包みこむように持った。さほど意識していなかったが、外はかなり冷え込んでいる。温かい水が冷めない内に、リュカはグラスの水を一口飲んだ。
「ここでは寒いでしょうから、教会の中にお入りいただいた方が……」
「そうですね。マーリン、歩ける?」
リュカが手を貸そうと差し出すと、マーリンはその手を払いのけた。
「じじい扱いするなと言うておろうが」
「あら、元気そうですね。安心しました」
マーリンの強い言葉に、シスターは口元に皺を浮かべながら柔らかく笑った。すっかり人間の老人に扮してしまっているマーリンに、シスターもまさか目の前に魔物がいるとは露ほども思っていないようだ。
町の中心に建っている教会の建物の脇を歩きながら、リュカはこの教会はかなり大きな建物なのだろうかと、後ろを振り向いて建物の全貌を見渡した。今、マーリンと階段を上って来たが、下には酒場があったはずだ。その酒場の建物と、教会とが繋がっていることに、リュカは思わず首を傾げた。酒場と教会、最も相容れない建物のはずだ。
「あの、この建物ってどうなってるんですか?」
リュカの言っていることをすぐに察知したシスターが、また笑みをこぼしながら説明する。
「この町は継ぎ接ぎなんですよ」
「継ぎ接ぎ?」
「ルラフェンには町の長がいません。ここに住み始めた者は、皆思い思いに家や店を構え、そうしている内にこのような迷路の町ができあがってしまったのです」
シスターの言葉に、リュカはもう一度町の景色を眺めた。教会のあるこの場所からだと、町の景色を凡そ見渡すことができる。シスターの言う通り、町の景色に統一感はなく、てんでばらばらに家や店が建てられており、町の人でなければ確実に一度は迷ってしまうような町の造りだ。
「この町を訪れる旅人は皆、町の人間に道を聞いていますよ。そうでないと、町から出ることも難しくなってしまうようです」
「なんじゃ、ワシはてっきり魔物に攻め込まれにくい町を目指しておるのかと思っとったわ」
マーリンが自ら「魔物」という言葉を口にしたのを聞いて、リュカは一瞬ドキリとした。その言葉でシスターにマーリンの正体がばれるのではないかと不安になった。
「結果的にそういうことになりました。よくお気づきですね」
「そりゃあワシは……」
「僕たち旅をしているから、そういうことは敏感なんですよ」
何を言い出すか分からないマーリンの言葉を遮り、リュカは慌ててシスターに応えた。放っておけば、恐らくマーリンは自ら自分が魔物だと言うことをさらりと言っていたに違いない。もしその一言で追い詰められるようなことになれば、それこそこの町から抜け出せなくなるだろう。迷路の町で不用意なことはしたくないとリュカはマーリンを鋭く見たが、マーリンはどこ吹く風と言った調子で町を見下ろしている。
「やはり外は魔物が多いのでしょうか」
先ほどまでのにこやかな表情とは一転して、険しい顔つきで話すシスターに、リュカは彼女から魔物に対するはっきりとした敵意を感じた。そんな彼女の感情に、リュカは思わずマーリンを遠ざけようと、彼女からマーリンの姿が見えなくなるよう歩いた。
「昔に比べれば多いのかも知れませんけど、僕にはよく分かりません」
リュカの言葉に、シスターは少し目を見開いた。多くの旅人達から話を聞くシスターは、リュカもまた他の旅人たちと同じように、『最近は魔物が多くて旅が難しくなってきている』と聞くことを想像していたのだろう。ここで騒ぎを起こすのは得策ではないと考えたか、はたまた全く興味のない話題なのか、マーリンは口を挟まずに相変わらず町の景色を見下ろしている。
「教会には多くの旅人が訪れます。彼らは皆、昔より魔物が多くなった、強くなったと口にしています」
シスターの口調は物静かだが、内に秘められた怒りの感情をリュカは感じ取っていた。シスターはリュカの倍以上の歳を重ねている。自分よりも倍以上の人生の中で、彼女は魔物を憎むほどの経験をしたのかも知れない。
「闇がこの世界を蝕もうとしています」
冬の良く晴れた日にはあまりにも似つかわしくないシスターの言葉に、リュカは彼女を窺い見た。暗く影を落としているかと思っていた彼女の横顔には、何故か穏やかな笑みが浮かんでいる。
「しかし恐れることはありません。その時はきっと伝説の勇者様が現れ、世界をお救い下さるでしょう」
彼女が信じ切っている勇者というのは、彼女が信じる神に近い存在なのかもしれない。伝説の勇者が現れれば、魔物は一掃され、世界は平和になる。それは必然のものだと、シスターは信じて疑わない。
彼女の心の声を耳にしながら、リュカは視線を落として考えた。自分は勇者を探す身だ。しかも、母のいる魔界への扉を開くために、言わば勇者を利用しようとしている。リュカ自身はこれまで、父の遺志を継いで勇者を探すことは何ら間違ったことはしていないと思っていたが、そんな自分の身勝手な目的のために探される勇者は、どんな思いがするのだろうかとふと考えが過ってしまった。
世界を救うことを期待されるのと、魔界に連れて行って欲しいとお願いするのと、勇者はどちらも快く引き受けてくれるような人物なのだろうか。それほど特別な人間なのだろうかと、リュカは内心首を傾げていた。勇者はあらゆる人間の期待に応えなくてはならない人間だと考えると、リュカは勇者と言う未知の人物に同情の念を抱いた。
教会の正面に回ってくると、その先にまた上に続く階段があるのをリュカとマーリンは見た。その階段もまた、かなり長々と続いている。
「あの、この階段の先には何があるんでしょうか」
リュカがシスターにそう聞く後ろで、マーリンが小さく溜め息をついていた。
「この上には町を一望できる展望台があります。町の人も旅人も、上で町の景色を見渡しながら休息を取ることも多いようです」
再びにこやかな雰囲気に身を包んだシスターがリュカに応える。教会のすぐ近くにある展望台のため、旅人にそう紹介することも少なくないのだろう。宿を出て、初めに目指していた場所には都合よく展望台があるのかと、リュカは教会には寄らずに展望台に向かおうかと、後ろにいるマーリンに視線を向けた。
「教会なんぞに寄るよりは良いかも知れん」
マーリンの言葉にシスターは怪訝な表情を見せたが、リュカはシスターに礼を述べると、そのままマーリンと共に教会を通り過ぎて展望台に続く階段へと向かった。



広い展望台には人がまばらにおり、テーブルについて食事を楽しんでいる者もいる。季節が春や秋であれば、もっと人出が多かったかも知れないが、寒い冬空の下では人々もあまりこの展望台を訪れようとは思わないらしい。
展望台は町の人や旅人がゆったりとできる場所のようだ。町が一望できると言うのは本当で、展望台をぐるりと一周すれば、町全体を見渡すことができる。リュカは東に見える紫色の煙が上がる家に通じる道を、展望台の景色から眺め始めた。マーリンもフードの奥からギョロつく目で、町を見渡している。
その時、リュカは人の話し声の中に「ラインハット」という言葉を耳にした。反射的に声の方を振り返ると、そこには商人風の中年の男と、恐らくその妻が軽食を取っている姿があった。この町の人間ではないのは一目瞭然で、彼らの足元には大きな旅の荷物が置かれている。
「ラインハットから来た人たちなのかな」
「ラインハット? なんじゃそれは」
元々西の大陸に住むマーリンは、東の大陸のラインハットという国を知らないらしい。
「僕の友達がいる国なんだ。ちょっとあの人たちに話を聞いてくるね」
リュカの言葉に返事もしないマーリンは、ぶつぶつ言いながら道のつながりを丹念に調べている。リュカはマーリンをその場に残し、商人の男のところへ近づいて行った。商人の男と妻も、近づいてくるリュカの姿に気付いた様子だったが、特に警戒心もなくリュカを見ている。
「あの、今ラインハットって聞こえたんですが、あなた達はラインハットから来たんですか?」
「いいや、私たちはオラクルベリーから来たんですよ。この町まで荷物を運んできて、サラボナから来た同じ商売仲間に荷物を引き渡したところなんです。ただ今はもう港から船が出ていないでしょう? だからこの町でしばらく過ごしているんです」
「港って、ポートセルミですよね。まだ出てないんですか、船?」
「ええ、また海が魔物で荒れてしまってるようで、船が出せなくなったとか」
商人の男はそう言うと、ぬるくなった豆のスープを一口すすった。その音も聞き取れないほど、リュカの心は一瞬にして落ち込んでしまった。ビスタ港を出る時に、この次西の大陸へ向かう船はいつ出るか分からないと言われていたが、ラインハットが順調に復興に向かえば、すぐにビスタ港の機能も回復して行くだろうとリュカはそれほど重くは考えていなかった。しかしポートセルミからの船が出ていないとなると、たとえビスタ港が回復していても、東の大陸に戻る術はない。決してラインハットへ戻るつもりはないが、東の大陸と西の大陸を結ぶ唯一の手段が断たれたとなると、もう二度とヘンリーにもマリアにも会えないのではないかと目の前が暗くなる思いがした。
「ところであなたはラインハットから来たんですか?」
商人の向かいに座る女性が、心ここにあらずのリュカにそう問いかけた。リュカはぼんやりした状態のまま、ゆるく首を縦に振った。
「あら、じゃあラインハットであった結婚式のことも知ってるの?」
「結婚式?」
想像もしていなかった言葉が出て来て、リュカは思わずそのまま聞き返す。
「ラインハットのお城で大層豪華な結婚式があったらしいですよ」
「お城でですか?」
お城で行われる結婚式となると、ラインハット市民が挙げられるようなものではないだろう。しかしラインハットはかつての恐怖政治の反省から、もしかしたら市民でもお城で結婚式を挙げられるようにしたのかも知れない。それくらいのことはやってしまいそうだと、リュカは今もラインハットで仕事に追われているであろう友人を思い浮かべた。
「何でも結婚なされたのは、王様の兄上のヘンリー様とか……」
商人の男の言葉に、リュカはしばし言葉を失った。一体何を言われたのか、理解できなかった。ラインハットにいるヘンリーという人物は、果たして自分の知っているヘンリーとは違う人なのだろうか。ラインハットの王様はデールではなくなってしまったのだろうか。デールが王様だとしても、彼にはもう一人兄がいたのだろうか。自分の知っているヘンリーと言う人物と、結婚と言う言葉がどうしても結びつかず、リュカは話の内容の辻褄を合わせるのに、様々な考えを頭の中に巡らせた。
「お城の結婚式というのをこの目で見てみたかったわ。きっと絵に描いたような美しい花嫁さまだったんでしょうねえ」
商人の妻がうっとりと言う言葉に、リュカはますます頭が混乱する思いがした。ラインハットの国王の兄であるヘンリーという人物が、美しい花嫁と結婚式を挙げた。リュカが知るヘンリーは今、ラインハットの国政に関わり、毎日を忙しく過ごしているはずだ。その彼が結婚式を挙げた? ラインハット国王であるデールが妃となる女性を迎え、結婚式を挙げるのならまだ理解できる。しかしつい数ヶ月前に別れた友人が、なぜ結婚する必要があるのだろう。ラインハット国で何かあったのだろうかと、リュカはかつての魔物に乗っ取られそうになっていたラインハットを思い起こし、唐突に不安に駆られた。
急に表情がかげったリュカの顔つきを見て、商人の妻が「どうかしたの?」と声をかけてきた。
「どうしてヘンリーが結婚しなきゃいけないんですか?」
今度は商人夫妻が首を傾げる番だった。リュカの質問が唐突でよく分からなかったため、二人は顔を見合わせて困ったような表情をする。
「だってヘンリーはちょっと前まで僕と旅をしていたんですよ」
「あんたと旅をしていた? ……誰かと勘違いしていないかい?」
商人の男がリュカの言葉に怪訝な顔つきをした。彼らが話しているのは、ラインハット国王の兄であるヘンリーの話だ。そんな人物が、今目の前にしている一介の旅人と旅をしていたなど、誰も信じることはできないだろう。
「結婚っていうことは相手の女の人がいるってことですよね。一体誰なんですか、その人」
「そこまでの話は聞いていないけど、でも王族の花嫁さんなんだから、きっとどこかのご令嬢か、もしかしたら他所の国のお姫様かもしれないわね」
「お姫様? ヘンリーが? そんなことあり得ないよ」
「どうしてそんなことが言えるんだい?」
「だって、似合わないから」
「似合わない?」
「うん、似合わない。むしろ、ヘンリーが嫌ってそうだよ、お姫様なんて」
幼い頃から共に行動しているヘンリーと、色恋について話したことはほとんどない。それと言うのも、思春期のほとんどをあの大神殿建造の地で強制的に過ごすことになり、それどころではなかったというのが事実だ。毎日毎日生きるのに必死だった。明日もしかしたら命を落としてしまうかも知れないような場所で、人間の恋愛について語るような余裕はなかった。
ただ彼と旅をするようになって、町を巡るようになって、少しはそのような話をした記憶もある。しかしそれは主にリュカが幼い頃に遊んだビアンカの話であったり、オラクルベリーの舞台で踊る踊り子だったり、本気で色恋について話をした記憶はリュカにはなかった。
そんな彼が突然誰かと結婚したという噂を、リュカはどうしても信じられなかった。ラインハットが復興の道を歩み出し、彼は毎日仕事に追われているはずで、そしてそんな多忙な生活をヘンリーはむしろ望んでいたはずだ。彼は幼い頃の自分の行動を反省する意味でも、忙しさに身を置くことで、過去の過ちの記憶を薄めようとしていた。今も恋愛にうつつを抜かしている場合ではないだろう。
「リュカよ、道が分かった。あっちに裏道があるようじゃ」
マーリンが明るい調子でリュカに声をかけてきた。緑色のローブを身にまとう老人がうろうろと展望台を歩き回る姿を、周りの人々が少し警戒する様子で見ていたことには気付いていない。たとえ気付いていたとしても、マーリンはそんな人間の反応など鼻にもかけなかっただろう。隠された道を見つけたことに、マーリンの心は見るからに弾んでいた。
「早速行くぞい……どうしたんじゃ、お主」
ぼけっと突っ立っているリュカを下から覗きこむようにしてマーリンが問いかける。マーリンのギョロリとした目と合うと、リュカは意識を現実に引き戻された。
「マーリン、どうしたの?」
「どうしたの、じゃないじゃろ。あの煙の家への道が分かったんじゃ。早速行ってみるぞい」
「煙の家って、ああ、そうか。そうだったね。でも僕、ヘンリーと連絡を取りたいんだ」
「ヘンリー? 誰じゃ、そいつは」
「東の大陸にいる僕の友達だよ」
「連絡を取ると言うのはどうするんじゃ。手紙でも送るのかえ?」
「そうだね、それがいいや」
「送ってどうするんじゃ。お主はここで何日も返事を待つのか?」
マーリンにそう言われ、リュカはもはやヘンリーと手紙のやり取りをするのは不可能だと言うことに気付いた。リュカから一方的に手紙を送ることは可能だ。ヘンリーはラインハットから動かず、そこでずっと国政の一端を担っている。しかしリュカは常に移動し、町から村、数週間もかけて洞窟探索をしたりと、自分でも明日どこにいるのか分からない状態だ。たとえリュカからの手紙がヘンリーに届いたとしても、彼がリュカに返事を書けるわけがない。連絡が取れなくてやきもきしているのは、むしろヘンリーの方かも知れない。
「そうか、そうだよね。ああ、でもどうにかして確かめたいな」
「とりあえず今は諦めることじゃ。無理なものは無理なんじゃから。とにかくあの妙な家へ行ってみるぞ。ワシについてこい」
マーリンが弾んだ声でそう言うと、リュカがついてくるかどうかも確かめずに、そのまま背を向けてさっさと階段を下りて行ってしまった。階段を上る時はぜいぜい息を切らしながら、一段上るのがやっとと言った状態だったが、今はその面影はない。後ろ姿を見る限り、老人にも見えないほど、元気な姿だ。
「今、何をしてるんだろ、ヘンリー」
彼が結婚したと聞いても、相手も分からず、真相も分からない状態では、結婚後の彼を想像することはリュカには全くできなかった。ラインハットを出てここルラフェンに着くまでに、季節が変わってしまうほどの距離がある。そんな距離を流れてくる噂が元の話のまま伝わってくるなど俄かには信じがたいと、リュカはヘンリーが結婚したと言う噂に驚きながらも、ほとんど信じられないでいた。
「ま、ここで考えてても仕方がないや。行こう」
既に姿が見えないマーリンの後を負うリュカの後ろ姿を見ながら、商人夫妻は「あの人は一体何者なんだ?」と互いに首を傾げていた。



「本当にこの道で合ってるの、マーリン」
迷いのない足取りで進むマーリンに、リュカは全く人気のなくなった小さな通りを見回しながらそう問いかけた。
「間違いない、ワシに任せておけ」
町の人もこの道はそう使わないのではないかと思えるほど、人っ子一人通らないような寂しい小道だ。少し前まで歩いていた通りには民家が立ち並び、家の用事をする女性の姿や、家の裏庭で遊ぶ小さな子供の姿もちらほら見えた。しかし今リュカ達が歩いている小道には、ほとんど人が通った形跡がない。
さきほど商人夫妻と話していた展望台を出てからもう一時間以上歩き続けている。その間、道は複雑に曲がりくねり、坂道を登ったり階段を下りたり、リュカはもう一人では戻れないと思うほど、マーリンの行く道は迷路のようだった。
何度目になるか分からない階段を下りると、そこは草の生い茂る原っぱだった。誰の手入れもされていない原っぱの草は伸び放題で、背の低いマーリンの視界を遮るほどだ。原っぱにカタカタと音が響くのは、冬の冷たい風を受けて回る風車の音だ。草が伸び放題の原っぱにある風車は人の手が行き届いているようで、弱い風でも順調にゆっくりとその羽を回している。
「ここからどう行くの?」
リュカの問いにマーリンの答えはない。見ればマーリンはリュカと同様に、この先に続くはずの道をギョロリとした目で探している。
「もしかして、この先は分からないんじゃ……」
「あっ、あそこに何か見えるぞい。あれはなんじゃ」
マーリンが指差す方向には、石壁に張られた紙のようなものが風を受けてピラピラと動いていた。今にも剥がれそうなその紙には、何やら文字が書かれている。リュカはその内容を確かめてみようと、草をかき分けながら歩いて行った。
『求む 魔法研究助手 このカドを南へ』
かなり前からこの壁に貼られていたであろう紙には、いつから募集をかけていたのか分からない求人の文が書かれていた。殴り書きのような字や、淡白な内容、怪しげな雰囲気に、恐らく誰一人としてこの求人に心動かされた人はいなかったのだろう。
「ここから南へじゃと? おお、リュカよ、道が続いておるぞ」
マーリンが恐らくこの貼り紙を見て初めて心動かされた者なのかも知れないと、リュカはふと思った。原っぱの草をがさがさとかき分けながら進むマーリンの緑色のフードが、草の色と見分けがつかなくなる前に、リュカはすぐに後を追う。マーリンが行く先には、暗く長いトンネルが続いているようだ。壁に貼られた怪しげな求人を見て、出口が小さな点ほどにしか見えないようなトンネルを見て、先に進もうと思う人間はそういないだろう。しかしマーリンは躊躇なくトンネルへ入って行ってしまった。
「マーリン、暗いから火をつけてくれないかな」
リュカがそう思うほど、トンネルの中は光が届かず、真っ暗に近い状態だった。人間が住む町で、これほど光の届かない道を進むのはリュカにとって初めてのことだ。
「全く世話の焼けるヤツじゃ」
マーリンが指に火を灯すと、リュカはようやく目の利くようになったトンネルの中を進むことができた。狭いトンネルで、壁に手を当てて行けば進めるようなものかと思っていたが、時折足元に大きな荷物が置かれていたり、薬品が入っていたような小瓶が転がっていたりしていたため、リュカにはマーリンの灯す火が必要だった。
トンネルを出ると、また草の生い茂る原っぱに出た。しかしその景色よりも、リュカは鼻をつく異様な臭いに顔をしかめた。マーリンも同じように、妙な臭いに気がついたようだ。上を見上げると、宿屋近くからも見えた紫色の煙が弱い風にたなびいている。その煙がリュカやマーリンの鼻にまとわりつき、異様な気配を知らせてくれたようだ。
ゴミだか何だか分からない荷物が原っぱのあちこちに置かれている。近づいて見てみると、それらは本の束だったり、乾燥した何かの草だったり、水ではない何か液体の入った小瓶だったり、リュカにはさっぱり分からないものばかりが散らばって置かれている。生い茂る草地の一角には井戸もあった。その井戸は普段から使われているようで、汲み上げる桶は水に濡れている。リュカは紫色の煙が上がる家に人がいることを確信した。
「呪文の研究って、こういうものが必要なのかな」
バラバラと置かれている荷物の中から、リュカは空になった小瓶を拾うと、それをマーリンに見せた。マーリンは興味深そうに、既に両手に薬液の入った小瓶を持ってまじまじと見つめている。
「なかなか面白そうなヤツがいそうじゃの」
マーリンの声はますます弾んでいた。両手に緑色と赤色の薬液の入った小瓶を持って、不敵な笑みを浮かべるマーリンを見て、リュカは手にしていた空の小瓶を何とはなしに元の通り荷物に戻した。
「行って話を聞くんじゃろ?」
「話の分かる人だったらいいな」
「古の呪文の研究をするような大層なヤツなんじゃから、人の話くらい分かるじゃろ」
「うーん、そういうことじゃないんだけど、まあ、いいか」
紫色の煙を煙突からもくもくと出している家の外壁には幾本もの蔦が這い、何箇所かひび割れたような亀裂も見られる。目を疑ってしまうが、どうやら家全体が傾いているようだ。何とか崩れずに建っている家の扉を、リュカは渋々ノックした。
「すみません、誰かいますか」
中からの返事はない。予想できていたことだったが、リュカは一応しばらく扉の前で待ってみた。しかしマーリンが遠慮は無用とばかりに、扉のノブに手をかけると、躊躇なく扉を開けてしまった。
「誰もおらんのか? おったら返事をせんか」
マーリンの声が今にも崩れそうな家の中に響く。扉を開けた先にも紫色の煙が充満しており、リュカはその煙に思わずむせてしまった。
「ちょっと、こんな煙の中に人がいたら、倒れてるんじゃないかな」
ゴホゴホと咳をしながら、リュカは中に人がいないか確認しようと家の中へと足を踏み入れた。二、三歩入ったところで、リュカは目の前に突然老人の顔が現れるのを目にし、声を上げて飛び退いてしまった。
「何じゃ、お前さんは? お前さんもけむたいと文句を言いに来たのかえ?」
薄汚れた紺色のローブを身にまとい、頭には同じ色の三角帽を被り、真っ白な眉は伸び放題で目があるのかどうかも分からない。眉と同じ真っ白な髭も伸び放題で、喋っていても口の辺りがモゴモゴと動いているだけだ。部屋の中に充満していた紫色の煙は、マーリンが開けた扉を通って、外へすーっと逃げて行く。少ししてからようやく部屋の中が見渡せるようになった。
「文句を言いにきたんじゃありません。この町に呪文の研究をしているおじいさんがいるって聞いたので、来てみたんです」
「おお、ではあの貼り紙を見てここへ来たというわけじゃな?」
老人が言う貼り紙というのは、先ほど見た『魔法研究助手 求む』の貼り紙のことだろう。老人の言う通り、貼り紙を見てこの家を訪ねたことには違いないので、リュカは素直に「はい」と返事をした。
「するとわしの研究を見学に来たわけじゃな。なかなか感心なヤツじゃ」
ふさふさの白い眉で表情はよく見えないが、明らかに満足そうな老人の様子に、リュカは何も返事ができなかった。
家の玄関を入るとすぐに、目を疑うほどの大きな壺が部屋のど真ん中に構えてあるのが見えた。梯子を使わなくては中を覗くこともできないような大きな壺の口からは、外からも見えていた紫色の煙がもくもくと上がっている。玄関を開け放しにしておかないと、この家はまたすぐに煙で充満してしまうだろう。リュカは扉を閉めようとしていた手を止め、目の前の老人ベネットに問いかける。
「あの煙は呪文の研究をしているから出ているんですか?」
「左様。もし研究が成功すれば、古い呪文がひとつ復活することになるじゃろう」
どうやら古の呪文を研究しているという噂は本当のようだ。寝食を忘れて研究に没頭しているのか、ローブの袖から出る手はまるでマーリンのように骨ばっていて、研究に対する熱意がなければ倒れていてもおかしくないほど、やせ細っている。マーリンと並べば、共に長く研究を続けた老人の兄弟に見えないこともない。
「古い呪文というのは、どんな呪文なんじゃ。ずっと昔に魔族の王が使ったと言う破滅の……」
魔物の立場としてのマーリンの期待を裏切るように、ベネットはマーリンの言葉を遮って続ける。
「それは知っている場所であれば、瞬く間に移動できるという……大層便利な呪文なのじゃ!」
マーリンほどの期待ではなかったが、リュカも老人が研究する呪文はとてつもない火や風を起こしたり、一瞬にして大けがも治せるような呪文だと思い込んでいた。まさか移動できる呪文とは想像だにしていなかったが、リュカはベネットの言う呪文の内容を想像してはっと息を呑んだ。
「知っている場所なら、どこへでも行けるんですか?」
突然前のめりになって聞くリュカに、ベネットはまた満足そうに白い眉を動かす。
「そうじゃ、どこへでもじゃ」
「ここから東の大陸へ行くこともできるんでしょうか」
「無論、どこへでも」
「じゃあラインハットへ行くこともできるんだね」
「お主の知っているところなら、どこへでも運んでくれるじゃろう」
ベネットの自信満々の様子に、リュカは初めて会った目の前の老人をすっかり信じ切ってしまった。ルラフェンの町の人々は皆、ベネットの呪文研究について文句を言ったり、呆れたりしているが、ラインハットの噂を聞いたリュカにとっては救世主のような老人だ。彼の研究している呪文が復活すれば、ラインハットへ一瞬にして行くことができるかもしれない。またこれから旅を進めるにも、ベネットの言う通り『大層便利な呪文』だ。
「エライ地味な呪文を研究しておるんじゃのう。どうせ研究するのなら、もっと派手な呪文を研究したら良いものを……」
自分の期待とは全く違う研究内容に、マーリンは不満そうにぶつぶつと呟いていた。そんなマーリンの様子に気がつかずに、リュカはベネットの研究する呪文の効果を思い浮かべて目を輝かせている。
「どうじゃ、この研究を手伝ってみたいと思わぬか?」
「はい、ぜひ手伝わせて下さい」
一も二もなく、リュカはそう返事をしていた。何をどう手伝うのかは全く想像しておらず、リュカはただ呪文が復活してラインハットへ行けることだけを考え、期待に胸ふくらませていた。
リュカの返事にベネットはまた白いふさふさの眉を動かし、その下に隠れる少年のような純粋な目を覗かせた。
「おお! やってくれるか! それではわしについてまいれ!」
外見はいかにも老人で、腰も曲がり、歩き方も覚束ない状態に見えたベネットだが、リュカの返事を聞くなり別人のように動きだし、二階に続く階段をまるで若者に戻ったかのようにすいすいと登って行ってしまった。細い階段の脇にも研究材料が散らばっており、リュカもマーリンもそれらを避けながらゆっくり階段を上って行く。
二階には研究材料ではなく、書物が所狭しと散らばっており、ベネットはそれらを巧みに避けながら部屋の端に置かれるテーブルへと移動した。そしてテーブルの上に積み上がっている書物を両手で乱雑にざっとどかすと、テーブルの奥に置いてあった大きな地球儀を手前に持ってきた。リュカとマーリンがテーブルのところまで辿りつくと、ベネットは地球儀をくるくる回しながら、ぴたっと一か所を指差した。
「ちょっとこの地図を見てくれぬか。今、わしらがいるこの町はここじゃろ。でな、この辺りにルラムーン草というのが生えているらしいのじゃ。ちとそれを取ってきてもらえんかの」
一瞬にして五十歳ほど若返ってしまったのではないかと思うほど、ベネットは老人とは思えぬほどの早口で説明する。なんてことはない雰囲気で話すベネットだが、彼の指差す地球儀の位置を見て、リュカは面食らった。軽い調子で『取ってきてくれんかの』などと言えるような距離ではない。馬車で行ったとしても、往復でふた月ほどかかるのではないかと思えるほどの、途方もない距離のおつかいだ。無事ルラフェンに戻ってくる頃には、春が間近の季節となっているだろう。
「ただしルラムーン草は夜しか取れんそうじゃ。夜になるとその草はぼんやり光ると言われとる」
「言われとるじゃと? じじい、その草を実際に見たことがないのか?」
「見たことはないが、ほれ、ここに載っておるじゃろ、ルラムーン草」
テーブルに置かれていた分厚い文献を手前に引きよせ、ベネットは開きっぱなしになっているページに描かれた絵をさし示した。そこには小さな綿のような花をつけた草が載っている。古代から新しい魔法の研究には使われているという説明が書かれているものの、その草がどれほどの大きさで、この冬の季節でも枯れずに生えているのかどうかも分からない。
「リュカよ、お主にとっては寄り道になるんじゃぞ。それでも行くかえ?」
マーリンは期待していたような呪文の復活ではないことに、やる気を削がれてしまったようだ。しかしベネットが狂気的に危険な呪文を復活させようとしていたら、たとえマーリンがやる気になったとしても、リュカがそれを止めただろう。
外の世界を歩くのは常に命がけだ。ベネットが地球儀で指し示した西の果てまで行ってみて、実はそんな草はなかったという時間の浪費もさることながら、途中で命を落としてしまう可能性も多分にある。リュカは腕組みをしながら、うーんとしばし悩んだ。
そんなリュカの様子には気付かないベネットが、何度読んだか知れない古の呪文『ルーラ』について書かれている個所を、いかにも楽しげに目で追っている。白い眉にほとんど隠れたその目は、やはり少年のように純粋で、リュカは目の前にしている老人がもはや老人には見えなくなってしまっていた。
希望を抱いた無垢な少年の願いを断ることはできないと、リュカは腕組みを解いて、「やりましょう」と返事をした。
「よろしい! ではわしは寝て待つことにしようぞ」
「えっ?」
リュカの戸惑いの声も、ベネットには届かなかった。ほとんど不眠不休で研究を続けていたベネットは、この時既に体力の限界を迎えていた。ルラムーン草について書かれた本を開きっぱなしにしたまま、床に散らばる書物を巧みにふらふらと避けながら、ベネットは部屋の隅に置かれているベッドまで歩いて行った。ベッドの上にも様々な書物が置かれていたが、それらの上に構わずどさりと倒れ込むと、すぐに激しい寝息を立て始めてしまった。
「何故断らなかったんじゃ」
マーリンがテーブルに置かれた大きな地球儀をくるくる回しながら聞いてきた。
「だって何となく断ったらいけないような気がして……」
「お主、そのお人好しもほどほどにせんと、いずれ自分の身を滅ぼすぞ。とにかく、行くとなったら色々と準備が必要になるじゃろ。仕方がないから付き合ってやるわい」
カボチ村近くで出遭ったマーリンは当初、このルラフェンまでの道案内をして、その後は別れる予定だった。当初のその約束など忘れ、今ではリュカを助けようと動いてくれるマーリンに、リュカは「マーリンの方がよっぽどお人好しだ」と返したかった。
「リュカよ、お主地図を持っておるじゃろ。はよう場所を書き移さんか」
「あ、うん。そうだった。……しかし遠いなぁ」
マーリンが地球儀の上の一点を指差す。その場所を見て、リュカは寄り道の旅に費やす時間を考え、思わず深い溜め息をついてしまった。しかし古の呪文『ルーラ』が万が一復活すれば、船の出ていない東の大陸へも行くことができるようになる。リュカはそのことだけを考えて、懐から出した世界地図の一点に、「ルラムーン」と書き記した。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 




 
この記事を書いている人 - WRITER -

amazon

Copyright© LIKE A WIND , 2014 All Rights Reserved.