恋愛要素の話を書く時のBGM

 

この記事を書いている人 - WRITER -

よくYouTubeで音楽を聴いているのですが、最近、久しぶりに再会したような気分で聴いている歌手の方がいます。

ポルノグラフィティさんの曲。

聴きながら思い出しました。

そう言えば、数年前に書いた主人公とビアンカが滝の洞窟を旅をする辺りの情景は、彼らの曲を聴きながら書いていたなぁと。
切ない片思いの曲がね、いいんですよ。その世界に入り込めます。

特に気に入って聞いていたのは、「うたかた」という曲。
儚い情景に片思いの心情が合っていて、聴くだけで涙が出そうになります。

他にも有名な「サウダージ」や「アゲハ蝶」も良いし、個人的には「シスター」も好きでよく聞いていました。あとは「ジョバイロ」も。
ちょっとアレな曲としては「まほろば〇△」。きわどい話が書けそうな曲です。書きませんけど。
胸に詰まされる曲としては「カルマの坂」。これは聞いていて辛いですが、こういう世界もあるのかもと想像させられます。辛いですけど。

ポルノグラフィティさんの曲はラテン調の心が躍るような曲調がたまりません。浸れるんですよね、その世界観に。

ということで、そんなポルノグラフィティさんの曲を聴きながら、昨日アップしたヘンマリを書いたという、そんなお話でした。

ちなみにアップしたヘンマリのお話はこちらです。よろしければ。

選択の余地(前編)
選択の余地(中編)
選択の余地(後編)

選曲が古いですよね、きっと(笑) ごめんなさい、それなりの年なもんで。
今の人の曲が全く分からないので、自分の若い頃の曲で記憶が止まっています。

そうやってみんな、おじさんおばさんになっていくのね。
でもそれがいいんだよ、と今では思えます。
若い時には戻れないけど、若い時の経験はずっと残っているから、気持ちはいつでもその時に戻れます。これは、年を重ねた人の特権かな。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 




 
この記事を書いている人 - WRITER -

amazon

Copyright© LIKE A WIND , 2020 All Rights Reserved.